西九州新幹線走り出す 開業初日のドキュメント

西九州新幹線走り出す 開業初日のドキュメント

  • FBS福岡放送
  • 更新日:2022/09/23
No image

地元の期待とともに走り出した西九州新幹線。沿線ではさっそく、新幹線効果がみられました。開業初日のドキュメントです。

地元の期待とともに走り出した西九州新幹線。沿線ではさっそく、新幹線効果がみられました。開業初日のドキュメントです。

9月23日、最初の計画から約半世紀を経て、西九州新幹線の開業が実現しました。

■一番列車に乗車

「きょうは、歴史に残る日だと思います。」

ゴールドのジャケットを着た人など、長崎駅は祝福ムードに包まれました。上り一番列車の武雄温泉駅行き「かもめ2号」は、午前6時17分に出発。長崎-武雄温泉駅(佐賀県武雄市)の間、約66キロを最速23分で結ぶ、“日本一短い新幹線”です。

一方、佐賀県の武雄温泉駅では、長崎行きの一番列車に乗る人たちの列ができていました。

■一番列車に記念乗車(佐賀県在住)

「きょうは、午前4時前から並んでいます。念願がかないました。とても楽しみにしていて、きのうは一睡もできませんでした。」

一番列車を目指して、ホームに向かう人たちの一方、反対側のホームには、カメラを手にした鉄道ファンたちの姿がありました。

■一番列車に記念乗車(東京から)

「父親と息子が新幹線を好きなので。一番列車に乗るのは初めてなので、緊張しています。」

出発の合図を任されたのは、一日駅長を務める岩井世運(せうん)くん(4)、無類の鉄道好きです。世運くんの合図とともに、長崎行きの一番列車が午前7時4分に出発しました。

新たに停車駅が設けられた佐賀県の嬉野温泉駅では、一日駅長として女優の松井玲奈さんが一番列車を見送るなど、各駅で祝賀ムードに包まれました。

■一番列車に記念乗車(静岡から)

「静岡から新幹線に乗りに来ました。あっという間でしたね。嬉野温泉にこれからつかっていきたい。」

■須田キャスター

「JR博多駅です。特急列車と新幹線を乗り継いで、長崎に向かいます。」

武雄温泉駅に到着した須田キャスターが、乗り換えにどのくらい時間がかかるのかを計測しました。

■須田キャスター

「武雄温泉駅で特急列車から降りる“対面乗り換え方式”です。タイムは28秒でした。スムーズに乗り換えることができました。」

博多から長崎までの所要時間は、これまで最速で1時間50分でしたが、新幹線の開業によって、最速1時間20分まで短縮されます。

JR九州のトップは23日、時間短縮の効果を強調しました。

■JR九州・古宮洋二社長

「今回の新幹線の開業で、博多から長崎までが30分間短縮されます。この30分の短縮は、非常に大きなものだと思っています。交流人口と定住人口を増やすことで、新幹線の効果がより増していくのではないかと思っています。」

新幹線の停車駅の地元では、観光需要の高まりに期待を寄せています。武雄温泉のシンボル・楼門が見える場所に23日オープンしたのは、レストランとカフェを併設した豆腐店です。温泉湯豆腐が人気の『佐嘉平川屋』が運営しています。

家族へのお土産を購入していた男性は、長崎からの日帰り旅行だといいます。

■長崎県から訪れた客

「西九州新幹線で来ました。一番列車は、なかなか取れなかったけれど、4番目の列車に乗ってきました。きょうはバタバタですけれど、今度は泊まりで来たいなと思っています。」

店には、温泉地ならではの足湯もあります。オープンから途切れることなく、お客さんが訪れていました。

■佐嘉平川屋 平川大計さん(3代目店主)

「武雄と嬉野の新幹線開業によって、新しい時代に向かうという部分で、われわれもこのタイミングでスタートし、新しいフェーズに入っていけるのかなと思っています。すごく感慨深いものがあります。5年10年かけて、うちがここに根づいて、武雄市を皆さんに知っていただけて、活気づいていけばいいなと思います。」

新幹線の開業効果は、日帰り旅行だけではなく、宿泊にもありました。明治38年創業の温泉旅館『懐石宿 扇屋』は、当面ほぼ予約で満室だということです。

■懐石宿 扇屋・山下裕輔社長

「お客さまが期待して来られる以上、私たちにかかる責任は重大だと思っていますので。私たちのサービスがしっかりしたものを、きょうから積み上げていかなければいけないと感じています。」

新たに生まれた『にぎわい』は、今後も続くのか。西九州新幹線の真価が問われるのは、これからです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加