西九州新幹線が開業 武雄温泉駅は「対面乗り換え」佐賀県内2駅も観光振興に期待

西九州新幹線が開業 武雄温泉駅は「対面乗り換え」佐賀県内2駅も観光振興に期待

  • SAGATVニュース
  • 更新日:2022/09/23
No image

サガテレビ

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

長崎駅と武雄温泉駅を結ぶ西九州新幹線が23日開業しました。佐賀県内で停車駅がある嬉野市や武雄市では観光客の増加や街のにぎわいに期待がよせられ、各駅では歓迎セレモニーが開かれています。では現地から中継です。

【嬉野温泉駅 武本記者】

嬉野温泉駅前です。駅前の広場では西九州新幹線開業を記念したイベントが行われています。連休初日ということもあり多くの人が来場しています。

23日午前6時40分ごろ、長崎発の新幹線「かもめ」が嬉野温泉駅に入り、県内の駅では最初に一番列車を迎えました。

ホームでは一番列車を出迎えた鉄道ファンや親子連れが車両に向って手を振ったり、カメラを構えたりしていました。

嬉野市内に鉄道路線が通るのは91年ぶりということで、23日は、朝から新幹線を一目見ようと駅の構内だけでなく、構外にも駅のまわりに多くの人がつめかけていました。

これから、新幹線が嬉野市になにをもたらすのか、地元の人たちからは大きな期待が感じられました。

【武雄温泉駅 原竹アナウンサー】

長崎から出発した新幹線かもめが、嬉野温泉駅の次に停まる武雄温泉駅です。

こちらでは、ホームにリーレーかもめが停車し、乗客は一度ホームに降り、向かいの新幹線ホームで対面乗り換えを行います。何度か見ていましたが、乗客は慌てることなく対面乗り換えをしていました。

武雄温泉駅では新幹線が折り返すということもあり、非常に長く新幹線が停まっています。23日はカメラを携え、新幹線を写真に収めようという客が多くいました。

中には新幹線のチケットが取れずに、入場券で入場している熊本から来ている家族連れもいました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加