陸自パラシュート部隊 コロナ対策し降下訓練始め

陸自パラシュート部隊 コロナ対策し降下訓練始め

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/01/13
No image

動画を見る(元記事へ)

陸上自衛隊のパラシュート部隊による新年恒例の「降下訓練始め」が行われました。今年はコロナ対策を講じたうえでの訓練となりました。

岸防衛大臣:「厳しい安全保障環境のもと、諸君一人ひとりが果たす役割は一層、重く」

1年間の安全を祈願して行われた訓練には、第一空挺(くうてい)団など約400人が参加しました。

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、隊員はマスクを着用して訓練に臨んだほか、例年参加しているアメリカ軍も今回、参加しませんでした。

また、普段であれば1万人以上が訪れる一般公開も中止となりました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加