モシリ氏がエヴァートン売却へ...希望額は800億円超、関心多数か

モシリ氏がエヴァートン売却へ...希望額は800億円超、関心多数か

  • サッカーキング
  • 更新日:2023/01/25
No image

[写真]=Getty Images

エヴァートンを所有する実業家のファラド・モシリ氏が、クラブを売りに出しているようだ。24日、イギリス紙『ガーディアン』が報じた。

報道によると、モシリ氏は少数または過半数株式の売却を検討しており、『デロイト』社にプロセスを依頼したようだ。売却希望額は5億ポンド(約800億円)を超えているものの、多くの買い手候補が興味を示しているという。

モシリ氏は2016年2月にエヴァートンの株式を取得。オーナー就任後、リヴァプールの湾岸エリアにある『ブラムリー・ムーア・ドック』で新スタジアム建設を進めるなど、巨額の投資を行ってきた。資金回収のため外部からの投資を募ってきたが、その目処が立たず、クラブ売却の意思を固めたと見られている。

エヴァートンは近年、移籍市場でも積極的に動いてきたが、なかなか結果には結びついていない。モシリ氏の就任後、約7年間で7度の監督交代を行う(※暫定監督は除く)など、チームの土台が築けていないのもその要因の一つだ。23日にフランク・ランパード前監督を解任したチームは、プレミアリーグで現在、降格圏の19位に位置している。

サッカーキング

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加