NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
ソフト上野、5回途中7奪三振の快投に豪州脱帽 「世界最高の1人である理由を示した」

ソフト上野、5回途中7奪三振の快投に豪州脱帽 「世界最高の1人である理由を示した」

  • フルカウント
  • 更新日:2021/07/21
No image

オーストラリア戦に先発した上野由岐子【写真:Getty Images】

初回に押し出し四球で先取点を許すも、その後は得点を許さず

東京五輪のソフトボールが21日、全競技の先陣を切ってスタートした。日本はオーストラリアとの開幕戦を8-1で5回コールド勝ちを収めた。5回途中1失点の好投を見せたエース・上野由岐子投手に豪州代表も「世界最高の1人である理由を示した」と脱帽だった。

アテネ、北京に続き3大会連続で先発のマウンドに上がったのは38歳のベテラン上野。初回に制球を乱し、押し出し死球で先制を許したが、その後は立ち直り4回1/3、2安打7奪三振1失点の好投を見せた。

ソフトボール・オーストラリア代表公式ツイッターも上野の快投にお手上げだったようで「日本の投手ユキコ・ウエノに脱帽です。彼女はこの回をしっかりと締め、世界最高の1人である理由を示しました」と、称賛していた。(Full-Count編集部)

Full-Count編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加