巨人・井上「勝てる投手になっていきたいと思います」 プロ初勝利の記念球は「家族のみんなに」

巨人・井上「勝てる投手になっていきたいと思います」 プロ初勝利の記念球は「家族のみんなに」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/09/24

◇セ・リーグ 巨人9―3中日(2022年9月23日 バンテリンD)

No image

<中・巨>プロ初勝利の井上はウイニングボールを手に笑顔(撮影・沢田 明徳)

巨人の3年目左腕、井上温大(はると)投手(21)が中日戦(バンテリンD)でプロ4度目の先発登板。6回7安打3失点と好投してプロ初勝利をマークした。巨人では今季8人目のプロ初勝利。同一シーズン8人の初勝利はプロ野球史上初の快挙となった。

試合後、敵地でのヒーローインタビューに臨んだ井上は最初から最後まで頬が緩みっぱなし。インタビュアーにプロ初勝利を祝福され、まずは「ありがとうございま~す!」と若者らしく元気いっぱいに応じると「野手の皆さんが点をたくさん取ってくれたり、ファインプレーで助けてくれたので、凄い感謝したいです」と初々しく答えた。

自身の投球については「まずはテンポ良く投げることを心がけて1球1球丁寧にバッターに向かって投げることを意識しました」とコメント。前橋商から2019年ドラフト4位で巨人入りしたが、昨年5月に左肘手術を受け、オフには育成選手に。今年7月11日に支配下登録選手に復帰し、同16日の広島戦(東京D)でまずはリリーフとして1軍デビューを飾った。

ここまでの道のりについて「やっぱり、なかなかうまくいかないことがいっぱいあったんですけど、トレーナーさんであったり、監督、コーチであったり、チームメートの皆さんが凄い優しい声をかけてくれたのでここまでくることができました」と井上。左手にしっかり握った記念のウイニングボールについては「家族のみんなにあげたいと思います」と笑みを浮かべ、今後に向けては「きょうのピッチングは最後に点取られてしまったので、もっとゼロを並べられる、勝てる投手になっていきたいと思います」とキッパリと口にしていた。

【今季プロ初勝利を挙げた巨人投手】

▽3月31日 堀田 賢慎(20=19年1位) ヤクルト戦(神宮)

▽4月 2日 戸田 懐生(21=20年育成7位) 阪神戦(東京D)

▽4月 3日 赤星 優志(22=21年3位) 阪神戦(東京D)

▽4月 9日 大   勢(22=21年1位) ヤクルト戦(東京D)

▽4月21日 平内 龍太(23=20年1位) 広島戦(東京D)

▽4月28日 山崎 伊織(23=20年2位) DeNA戦(横浜)

▽8月13日 直江 大輔(22=18年3位) 広島戦(東京D)

▽9月23日 井上 温大(21=19年4位) 中日戦(バンテリンD)

※名前の後の数字は当時の年齢、その後の数字はドラフト年度と指名順位

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加