大雪の恐れなくなるも凍結などに注意を(25日午前11時現在)

大雪の恐れなくなるも凍結などに注意を(25日午前11時現在)

  • KYTニュース
  • 更新日:2023/01/25
No image

県内は大雪の恐れはなくなったが、積雪や路面の凍結による交通障害などに注意が必要だ。ただ、26日にかけて気温が平年よりかなり低く10年に一度程度の低温となりそうだ。警察によると、雪の影響とみられる事故がこれまでに185件確認されている。

県内は大雪の恐れはなくなったが、積雪や路面の凍結による交通障害などに注意が必要だ。

(記者)

「朝8時の吉野町だ。坂道を登り切れない車が渋滞をおこしている」

この冬一番の強い寒気が流れ込み、県内各地で雪が降り、薩摩地方を中心に25日朝にかけて山地、平地ともに大雪となった。鹿児島市郡元町では2センチの積雪を観測した。この後は晴れる見込みで、大雪の恐れはなくなった。ただ、26日にかけて気温が平年よりかなり低く10年に一度程度の低温となりそうだ。

25日朝は、霧島市溝辺で氷点下8.3度鹿児島市でも氷点下3度を観測している。薩摩、大隅地方では現在も低温注意報が出されていて気象台は引き続き積雪や路面の凍結による交通障害、水道管の凍結などに注意を呼び掛けている。

事故も相次いだ。警察によると、雪の影響とみられる事故がこれまでに185件確認されている。薩摩川内市では、軽乗用車が対向車線の大型トラックと衝突し、軽乗用車を運転していた男性が意識不明の重体だ。スリップによる事故の可能性があると見られている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加