堀内恒夫氏、高橋優貴は前に戻っちゃってる「手でこねて投げてる」

堀内恒夫氏、高橋優貴は前に戻っちゃってる「手でこねて投げてる」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/06/11
No image

堀内恒夫氏

(セ・パ交流戦、オリックス6―0巨人、3回戦、オリックス2勝1分、10日、京セラ)巨人の高橋は7回6失点で2敗目を喫した。一回に3安打で招いた1死満塁のピンチ。杉本を2ストライクに追い込みながら3球目のスクリューボールが中途半端な高さに入り、先制の2点二塁打を浴びた。五回にはT―岡田に対してスライダーが浮き、この日3安打目となる3ランを浴びた。

今季は開幕5連勝と好スタートを切りながら5月以降はわずか1勝と苦しんでいる。元巨人監督の堀内恒夫氏(73)は11日、自身のブログで「高橋優貴は前に戻っちゃってるなぁ。手でこねて投げてるよ。全てがそうじゃないんだけどいい時と前の悪い時とが混ざる感じ」と指摘。「今年はローテをしっかり守ることも勝ち続けることも初めてなことばかり。勝ち続けたことでその頃とは違う心境に今はいるんじゃないのかな」と奮起を促していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加