川崎宗則、独立L初球弾が海を越えて話題に 古巣ファンも歓喜「大好きだ!」

川崎宗則、独立L初球弾が海を越えて話題に 古巣ファンも歓喜「大好きだ!」

  • フルカウント
  • 更新日:2020/09/15
No image

デビュー戦の第1打席で本塁打を放ったBC栃木・川崎宗則【写真:荒川祐史】

トロントを拠点にするライターのロット氏が川崎の本塁打を伝える

ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスに加入した元ソフトバンクの川崎宗則内野手。13日に行われた茨城アストロプラネッツ戦で独立リーグデビューを果たすと、その第1打席、初球をいきなり右翼席へと運ぶ本塁打を放ち、衝撃を与えた。

この一発に反応したのは何も国内のファンだけではない。川崎がかつて在籍し、大人気だったブルージェイズのファンも、この一発に歓喜の声をあげている。

米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」などに寄稿するカナダ・トロントを拠点とするライターのジョン・ロット氏は自身のツイッターで「ヘイ、ブルージェイズファン:ムネノリ・カワサキが隠居生活から抜け出し、日本の独立リーグチームに加入した。そして彼は1球目でこれをやった」と綴り、川崎が本塁打を打った映像のリンクを添えている。

このロット氏のツイートには多くのファンが反応。「彼のことが恋しいよ。とても素晴らしい選手だったってわけではないが、プレーしているところを見るのは本当に楽しかった」「この男のことが大好きだ。今までで最も好きな選手の1人、議論の余地なし」「本当に彼のことが懐かしい。彼のことを雇って…なんの役職でって言われてもわからないけど、とりあえず彼のためになにか見つけて」「これが私たちのムネノリ!」「これは素晴らしい!」とのコメントが並んだ。

川崎がブルージェイズに所属したのは2013年から2015年の間。今から5年も前のこととなるが、それでも、ブルージェイズファンの間では記憶に残っているよう。日米で愛され続けるムネリン。これからもそのプレーとキャラクターでファンを楽しませていってもらいたいものだ。(Full-Count編集部)

Full-Count編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加