日本が洋上再生可能エネルギー発展の世界的リーダーになる可能性=中国メディア

日本が洋上再生可能エネルギー発展の世界的リーダーになる可能性=中国メディア

  • サーチナ
  • 更新日:2020/10/18
No image

日本が洋上再生可能エネルギー発展の世界的リーダーになる可能性=中国メディア

中国メディア・中国産業情報網は16日、日本が海上の再生可能エネルギー発展における世界のリーダーとなる可能性があると報じた。

記事は、世界貿易の専門家が「アジア太平洋地区はポストコロナ時代に世界の海洋再生可能エネルギーの発展をリードしていくだろう」と予測していると紹介。そのマイルストーン的なトピックとして、日本政府が2018年に海洋再生可能エネルギー発電設備の整備に係る海域の利用の促進に関する法律(再エネ海域利用法)を制定し、国による洋上風力発電開発の枠組みを定めるとともに、発電事業者の参入プロセスを決めたことを挙げ、「東アジアの国がクリーンエネルギー時代に入ることを示している」と伝えた。

そして、日本の取り組みに対し、世界の洋上風力発電開発業者が熱い視線を送っており、今年9月にはノルウェーの大手企業エクイノールが日本のJERAおよび電源開発と洋上風力発電事業の応札に向けた共同事業体を結成したことを紹介している。

また、世界的に感染が拡大した新型コロナウイルスの影響により、再生可能エネルギー開発業者は開発計画を立てることが困難になっているとする一方で、スコットランドの貿易専門家が「新型コロナによる日本の洋上風力発電発展の阻害は限定的。アジア太平洋地域の再生可能エネルギー戦略が世界的に注目される成長を遂げることは明らかだ」との見方を示したと伝えた。

記事は、日本政府が脱炭素エネルギーの実現が、日本の新たな技術革新に向けた重要なチャンスと捉えているとした。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

今関忠馬

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加