ソフトバンク海野 甲斐塾卒業宣言「同じことしても勝てない」嶺井加入で正捕手争い加熱

ソフトバンク海野 甲斐塾卒業宣言「同じことしても勝てない」嶺井加入で正捕手争い加熱

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/11/26

ソフトバンクの海野隆司捕手(25)が25日、ペイペイドームで契約更改交渉に臨み、150万円増の1300万円でサインした。

No image

ソフトバンク・海野

今季は自己最多47試合に出場し、プロ初本塁打を記録。それでも、優勝マジック1で迎えた10月1日の西武戦。途中出場でマスクを被るも延長11回、山川にサヨナラ被弾で涙。「あの試合で優勝できなかったのはすごい悔しさがある。キャッチャーである以上は最後まで堂々としなければいけなかった。最後は山川さんがホームラン打って、感情を出してしまった。ホームベースを踏むのを最後まで見られなかった」と反省点を挙げた。

来季、DeNAからFA加入する嶺井については「競争は激しくなると思うけど、甲斐さんと嶺井さんに勝っていかないと残れない世界。何とかそこに加わっていきたい」と闘争心を燃やす。

来年の自主トレは「甲斐塾」卒業を宣言。筑後ファーム施設で独り立ちを決め、「学びたい、一緒にやりたいというのはあるけど、甲斐さんに勝っていかないといけない。一緒にやっても勝てない」と覚悟を決めている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加