メイウェザーが1時間遅刻もほぼ休みなしで約21分間の公開練習「すべてが次元が違うということが分かってもらえたと思う」【超RIZIN】

メイウェザーが1時間遅刻もほぼ休みなしで約21分間の公開練習「すべてが次元が違うということが分かってもらえたと思う」【超RIZIN】

  • TOKYO HEADLINE
  • 更新日:2022/09/22
No image

「超RIZIN」(9月25日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)で朝倉未来(トライフォース赤坂)と対戦するフロイド・メイウェザー(アメリカ)が9月22日、都内で公開練習を行った。

この日は皇治(TEAM ONE)と対戦するジジ(イラン)とともに公開練習を行う予定だったのだが14時のスタート時間が過ぎても2人は現れず。約35分遅れてジジが到着。1分弱、サンドバッグに重いパンチを打ち込み、最後は皇治への当てつけでサンドバッグに頭突きをかまして終了。力こぶを作ってパワーを誇示した。通常の公開練習では会見が行われるのだが「昨日のことで頭に来てるから」という理由でなし。

メイウェザーはジジに遅れること30分、15時5分に到着。練習内容はメイウェザーに任せているとのことで、RIZIN側も把握しておらず、取材陣も何が始まるのかと固唾をのんで見守る中、メイウェザーは体にオイルを塗るとリングへ上がり、いきなりミット打ちをスタート。公開練習では2〜3分のミット打ちを行い1分のインターバルを取るのが多く見られるパターンなのだが、メイウェザーはそのままほぼノンストップで約11分ミット打ちを行うと、休みなしでサンドバッグに向かう。ここではサンドバッグとミット打ちを交互に行う独特の練習を披露。これはパワーとスピードの両面を鍛える練習のよう。これを約10分。ほぼノンストップで21分間の練習を行った。

No image

その後、メイウェザーは身支度を整えながらコメント。この日のパフォーマンスについては「実際に近くで技術を見てみないとその違いは分かりにくいと思うが、実際に今日見て、スピードやテクニック、持っているもののすべてが次元が違うということが分かってもらえたと思う。自分はこれを何年間もやってきた。1987年から現在までこれをやってきている。これは自分にとってはただの普通の一日という感じ」と語った。

試合については「前回来た時は早めに終わらせすぎて、みんなが楽しめなかったと思う。なので、気分次第ではあるが今回は試合数が少ないということなので、3Rまで引っ張ろうと思っているが、皆さんの希望が早く終わらせてくれと言うなら早く終わらせますよ。でも皆さんにショーを届けたい」と2018年大晦日の1Rで終わった那須川天心戦を引き合いに出し、自らの気分次第でどうにでもなるという考えを示した。

No image

そして那須川には「天心選手には“前回の試合、おめでとう”と伝えたい。素晴らしいパフォーマンスだった。ボクシングに転向すると聞いているので彼の幸運を祈りたい」とエールを贈ったうえで「なので今から買い物に行きます」とジョークを交え、東京の街中に去っていった。

またこのコメント中には「RIZINには感謝している。チームTMTとRIZINがコラボして大きなイベントを行う。そういうことを続けていきたいし、実際にRIZINとTMTがコラボして、北米にMMAを持って行きたい。一発目はハワイ。少しずつ本土に持って行きたい。最終的なゴールはRIZINがTMTと成長していって世界一の団体になること」などと壮大な目標を掲げた。このメイウェザーの発言についてRIZINの榊原信行CEOは「彼らは圧倒的な知名度とメイウェザーには求心力がある。メイウェザー側もMMAに進出したいという思いがあるので、お互いに協力して、RIZINとしては北米に足がかりを作って、北米マーケットを獲得するうえの入り口としてはメイウェザーと一緒にチャレンジするのも悪くないということで建設的な話し合いは進めている」と語った。

hmotoyoshi

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加