Petit Brabancon初ライブツアーよりZepp Haneda公演を映像化

Petit Brabancon初ライブツアーよりZepp Haneda公演を映像化

  • 音楽ナタリー
  • 更新日:2022/11/25

Petit BrabanconのライブBlu-ray「Resonance of the corpse」が2023年1月18日にリリースされる。

No image

Petit Brabancon「Resonance of the corpse」ビジュアル

すべての画像を見る(全3件)

Petit Brabanconは2021年に始動した京(DIR EN GREY)、yukihiro(L'Arc-en-Ciel)、ミヤ(MUCC)、antz(Tokyo Shoegazer)、高松浩史(THE NOVEMBERS)によるバンド。彼らにとって初のライブ映像作品となる「Resonance of the corpse」には、今年9月開催の初ツアーより最終公演として行われた東京・Zepp Haneda(TOKYO)公演の模様が収められる。

本作の監督を務めるのはcoldrain、SiM、Crystal Lakeらの作品を手がけるKOH YAMADA。ジャケットのアートワークは、1stアルバム「Fetish」に続き、映画「パペット・マスター」シリーズや「ZOMBIO/死霊のしたたり」などをリリースしている是空がディレクションを、ミヤジリョウヘイがデザインを担当した。Blu-rayの仕様は完全限定盤と一般流通盤の2形態。完全限定盤はVHSテープの形を立体的に再現した特製パッケージ仕様となるほか、ツアーの裏側を収めたドキュメンタリー映像「Recollection of thoughts」を収めた特典ディスクが付属する。

Petit Brabancon「Resonance of the corpse」収録内容

・渇き
・Don't forget
・主張に手を伸ばす修羅
・come to a screaming halt
・非人間、独白に在らず
・刻
・Pull the trigger
・無秩序は無口と謳う
・OBEY
・Isolated spiral
・疑音

音楽ナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加