Appleは“盟友”JDIを救うのか~支援観測で株価上昇も一部は懐疑的

Appleは“盟友”JDIを救うのか~支援観測で株価上昇も一部は懐疑的

  • iPhone Mania
  • 更新日:2019/06/21
No image

外資傘下になることが4月に発表されたJDIですが、資金支援を行うはずだった中心企業が投資を見送ったことで、再び経営状態が危ぶまれていました。そうした中で降って湧いたのが「AppleがJDIを救うのではないか」とする観測です。

Appleの支援観測で株価上昇

Wall Street Journalは18日、AppleがJDIの支援を検討しているとする記事を発表、1,000億円にも上る債権の一部放棄や最大200億円の資金支援などを行う用意がAppleにあるとしました。この報道によって、JDIの株価は19~20日で55円から70円へと27%も上昇しました。

No image

AppleとJDIの関係は深く、JDIはiPhone XRを始めとしたiPhoneシリーズの液晶ディスプレイ(LCD)を長らく供給してきたほか、最近では次期Apple Watchに用いる有機EL(OLED)ディスプレイを担当するとの観測も出ています。

こうした状況を思えば、Appleが窮地に陥った“盟友”JDIを簡単に見捨てるとは考えにくいようにも思えます。

Appleの支援に懐疑的な見方も

ただし、WSJのApple支援観測に対して、懐疑的な見方があるのも事実です。

例えば9to5Macは、スマートフォン業界がLCDからOLEDへと舵を切るなかでJDIの認識の甘さがOLED転換への遅れを招いたこと、経営改善のメドが立たず2018年3月期には2,472億円の赤字を計上したこと(2019年3月期は1,094億円の赤字)などを挙げ、Appleが積極的な支援を行うことに疑問を呈しています。

実際、台湾・中国連合のコンソーシアムで中核を担っていたTPK(タッチパネル製造大手)が出資撤退を表明したのも、負債が今後も拡大見込みであることや、受注を以前のように獲得できるとは限らないこと、米中貿易摩擦の影響、日本企業の排外的な非協力姿勢などが理由にあるとされています。

さらにTPKのみならず、コンソーシアムに参加している他の4社も投資判断を保留しており、Appleが彼らの及び腰を意に介さずJDIを引き受けるかどうかに注目が集まっています。

Source:WSJ,経済日報,9to5Mac,日本経済新聞
Photo:Yahoo!Finance
(kihachi)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

Appleカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
夏休み、iPhoneの使いすぎを防ぐ親子のルール作りと運用のポイント
米国から京アニ支援と哀悼メッセージ
iPhone  8、発売から2年近く経ってもいまだに人気続く! スマートフォン売れ筋ランキングTOP10!
Appleが役員を韓国に派遣、次期iPhoneへの日韓対立の影響調査か
Apple TV+限定配信『Snoopy in Space』のトレイラー公開 ほほう、これは期待できそう
  • このエントリーをはてなブックマークに追加