阿武咲、日馬に連勝 きょう恩人稀勢の里と初対決

阿武咲、日馬に連勝 きょう恩人稀勢の里と初対決

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/11/13
No image

日馬富士を下し支度部屋で報道陣の質問に答える阿武咲(撮影・菊川光一)

<大相撲九州場所>◇初日◇12日◇福岡国際センター

新小結の阿武咲が、2場所連続で横綱日馬富士を撃破した。立ち合いで頭からぶつかると「相手の頭が自分に合わせようとして下がっていた」と冷静な判断ではたき込み。先場所優勝力士に前のめりに手をつかせた。初めて務めた初日の結びの一番を白星で飾り「最高すぎます」と声を弾ませた。同一横綱に初顔合わせから連勝は、13年春場所と名古屋場所で、同じく日馬富士を破った千代大龍以来、4年ぶりとなった。

2日目は憧れの稀勢の里に初挑戦する。十両から幕下に落ちて心が折れかけた昨年、わざわざ出稽古に来てもらい、四股の踏み方など基礎から教わった。「今の自分があるのは稀勢の里関のおかげ。やっとここまで来た」。先場所で、1場所15日制が定着した1949年夏場所以降、史上初の新入幕から3場所連続2桁白星を挙げた新鋭は、横綱連破で成長した姿を見せる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
貴乃花が不可解なので、景子さんを直撃!
稀勢、4場所連続休場「痛み引かない」初場所に進退懸ける
日馬富士暴行で朝青龍派、旭鷲山派の調停失敗? 貴乃花の暴走で大混乱
横綱・日馬富士の暴行事件、相撲協会と”提訴を強行した”貴乃花の対立構図に
日馬富士のブチ切れの“瞬間”を飲食店関係者が証言 鳥取の歓楽街は「あの殺人事件以来の大騒ぎ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加