複数のアプリからバリアフリー情報を収集・連携 国交省

複数のアプリからバリアフリー情報を収集・連携 国交省

  • レスポンス
  • 更新日:2019/07/23
No image

イメージ

国土交通省は7月22日、スマホアプリなどで収集されるバリアフリー情報の充実を目指して、複数アプリによるバリアフリー情報の収集や連携の可能性を検討する。

国土交通省では、「バリアフリー・ナビプロジェクト」として、誰もが円滑に移動できる社会の実現に向けて、歩行空間のバリアフリー情報などを収集・オープンデータ化するための仕様やガイドラインの整備に取り組んできた。車いす利用者向けナビゲーションなど、様々なICTを活用した歩行者移動支援サービスが提供される環境を作るのが目的。

近年では、個人がバリアフリー情報の収集や提供に参加できる様々なスマートフォンアプリが提供されている。国土交通省でも「バリアフリー・ナビプロジェクト」の一環として、バリアフリー情報の収集・提供の活性化に取り組んでいる。

今後、車いす利用者を含む一般から協力を得て、複数のアプリを利用してバリアフリー情報を収集する実証実験を実施し、アプリ間の連携の可能性などを検討する。

実証実験に協力するアプリ事業者を募集する。期間は7月22日から8月23日まで。9月上旬に実証アプリを決定して11月ごろにアプリによるバリアフリー情報収集の実証実験を実施する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

アプリカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【今日の無料アプリ】120円→無料♪体幹トレーニングの基本メニューの1つ「プランク」を利用するフィットネスアプリ!「プランク」他、2本を紹介!
Googleが理由も告げずAndroidアプリ開発者を「抹殺」
最大5通貨同時レート換算。海外旅行で役立つ無料アプリ「iMoney」【今日のライフハックツール】
iPadを使えば誰でも「ゆるふわ昆虫」に じゅえき太郎さん
LINEに最大5000人が参加できる「オープンチャット」機能が登場!その特徴は?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加