最新ランキングをチェックしよう
47位発進の今平周吾 飛距離アップは増量の成果か、それとも...?

47位発進の今平周吾 飛距離アップは増量の成果か、それとも...?

  • ゴルフ情報ALBA.Net
  • 更新日:2019/02/25

今平周吾、初日は飛距離の違いに苦しんだ|撮影:GettyImages<WGC-メキシコ選手権 初日◇21日◇クラブデゴルフ・チャペルテペック(メキシコ)◇7345ヤード・パー71>

世界ゴルフ選手権の今季2戦目「WGC-メキシコ選手権」の初日が終了。日本の賞金王・今平周吾は「出だしは良かったんですが、ちょっとうまくいかなかったですね」と、スタート1番からの連続バーディ以降は失速。2バーディ・4ボ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ゴルフカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ローリー・マキロイが“第5のメジャー”で逆転V 松山英樹は最終日も伸ばし8位Tフィニッシュ
イーグルなのにホールインワン。ハクトウワシのおかげでホールインワンとなった奇跡的な瞬間
松山英樹は24位 マッチプレー出場がかかる今平周吾は71位【男子世界ランク】
最強ショットメーカーは一昔前の男子プロ的14本 スイングはいいのにプレーは...という人にオススメ【契約フリーから学ぶクラブ選び】
松山英樹8位「いいプレーはできたと思う」手応え
  • このエントリーをはてなブックマークに追加