中村アンが「きみが心に棲みついた」で売れっ子ラノベ作家に。吉岡里帆、桐谷健太との間に新たな三角関係が!

中村アンが「きみが心に棲みついた」で売れっ子ラノベ作家に。吉岡里帆、桐谷健太との間に新たな三角関係が!

  • TVガイド
  • 更新日:2018/01/12
No image

1月16日スタートのTBS系連続ドラマ「きみが心に棲みついた」(火曜午後10:00)で、中村アンが売れっ子ライトノベル作家・成川映美役を演じることが決まった。中村は「本を読み始める前から『きみが心に棲みついた』というタイトルがとても気になって、今回この作品に参加させていただけることがすごく楽しみです」と意気込みを語っている。

ドラマは天堂きりん氏による同名漫画を原作に、ランジェリーメーカー勤務の小川今日子(吉岡里帆)が、漫画編集者の吉崎幸次郎(桐谷健太)と大学時代の先輩・星名漣(向井理)という2人の魅力的な男性の間で揺れ動く三角関係を描くラブストーリー。中村が演じる映美は、吉崎に思わせぶりな態度をとる元彼女という役どころで、新たな三角関係を生み出すことになる。

中村は「原作には存在しない“吉崎の元彼女”という役柄です。今日子との三角関係に、元彼の吉崎を思う切なく複雑な気持ちと、映美がどうなっていくのか、これらの展開がすごく気になっています」とドラマのオリジナルキャラクターであることを明かし、さらに、「私自身の、学生時代に好きなまま終わってしまった失恋の懐かしい経験が、役柄と重なりよみがえってきました」と告白。「恋愛模様に絡んでいく役は初めてなので、しっかり表現できるよう頑張ります」と意欲をアピールしている。

キーワード

きみが心に棲みついた

ムロツヨシ

中村アン

吉岡里帆

向井理

桐谷健太

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

プロフィールを見る

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
城島茂の貯金額告白に、後輩ジャニーズ「生々しい」
元巨人・クロマティ氏、日本で就職「東京が大好き。新しい人生を展開したい」
火山噴火をバックに歩く猫があまりにも勇ましかったのでコラ職人がんばる
『花男』新章『花のち晴れ』、杉咲花・平野紫耀・中川大志でドラマ化
「主演は早かった」「フジが悪い」1ケタ低迷で打ち切り! “大爆死ドラマ”主演俳優3人のその後
  • このエントリーをはてなブックマークに追加