セレーナ・ゴメス、肝臓移植を公表

セレーナ・ゴメス、肝臓移植を公表

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/09/15
No image

全身性エリテマトーデス(ループス)に罹患していることを公表している米歌手セレーナ・ゴメス(25)が今年の夏、腎臓移植を受けていたことをインスタグラムで明かした。

本人によると、腎臓の提供を受けたのは親友のフランシア・ライサさんだったという。インスタにはライサさんと手をつないだ状態でベッドに横たわり、笑顔を見せている写真を掲載。身体の回復のために腎臓移植に踏み切ったことを報告している。ループスは自己免疫性の疾患で、発疹、発熱、臓器障害などさまざまな症状を引き起こす難病。ゴメスは2015年に病気について公表している。

インスタには「私がこの夏の一時期、おとなしくしていたことにファンの皆さんが気づいたのは分かっている」と書き込み、移植を受けたことを告白。時期については触れていないが、回復していることを報告し、「この数ヵ月何があったか、近く皆さんと共有したい」とも。右腹部分の手術痕の写真も公表した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
壇蜜&にこるん、流出したらまずい写真「ある」
佐藤健の集合写真いじめの憶測報道にネットから擁護の声
水原希子、ノーブラで“トゥン”気にしない
小倉優香の“リアル峰不二子”ボディをたっぷり堪能 ビキニで悩殺
坂上忍、滝沢カレンも呆れ イケメン俳優の彼女が「ファン見下し発言」で炎上
  • このエントリーをはてなブックマークに追加