【ガチ】「宇宙人が宇宙の星を盗み始めたかも」科学論文を高級紙が報道! 太陽もエイリアンに強奪される可能性、地球ピンチ

【ガチ】「宇宙人が宇宙の星を盗み始めたかも」科学論文を高級紙が報道! 太陽もエイリアンに強奪される可能性、地球ピンチ

  • TOCANA
  • 更新日:2018/06/23
No image

エイリアンは一体何を目的として、遠く離れた銀河からはるばる太陽系を訪れるのか? その答えとなりそうな論文が発表され、英高級紙「Independent」なども取り上げる大きな話題になっている。

No image

画像は「Independent」より引用

■狙うは恒星のエネルギー

エイリアンは非常に発達した文明と技術を持つとされるが、気になるのはそのエネルギー源である。地球文明がそうであるように、技術水準が上がれば上がるほどその維持に必要となるエネルギーは多くなるはずだ。まして彼らは広大な宇宙を旅している。そのエネルギーを一体どう調達しているのか? そして、莫大な労力とエネルギーを注いでまで宇宙を旅する理由は?

今月、米・フェルミ国立加速器研究所の宇宙科学者ダン・フーパー氏がこの難問に挑む論文を公開した。この論文はまだ査読を受けていないが、プレプリントサーバー「arXiv.org」に公開されており、誰でも読むことができる。この中でフーパー氏は、非常に発達した文明を持つエイリアンは宇宙の星々を集めて自分たちのエネルギー源として確保するのではないかという、驚くべき推論を披露している。

そもそも星をエネルギー源にするとはどういうことなのか? 恒星をエネルギー源にする方法として考えられているアイデアの一つは「ダイソン球」である。ダイソン球とは高名な宇宙物理学者フリーマン・ダイソン氏が提唱した構造物で、恒星の周囲を卵の殻のように覆ってしまい、その星が発するエネルギーを効率的に利用できるようにしたものである。もちろん現在の人類の科学水準で実現できる代物ではないが、地球から1480光年離れた「KIC 8462852」はダイソン球ではないかと以前より疑われている(詳しくはこちらの記事)。

No image

KIC 8462852。画像は「Wikimedia Commons」より引用

さて、ダイソン球を実現させ、恒星を効率的なエネルギー源とすることが可能になったとする。だがエネルギーの需要は上昇する一方、そして無限にもに思えるような恒星のエネルギーもいつか必ず尽きる日が訪れる。エネルギーの安定供給のため、高度な技術を持つエイリアンたちは次に何を考えるか? フーパー氏はそれを、エネルギー源となりうる恒星の確保だと指摘する。エネルギー源となる恒星を宇宙各地から集め、自分たちの星の近くに置こうというのである。

画像は「Thinkstock」より引用

■恒星を集める切実な理由とは

恒星の収集……いかに高度な技術を持ったエイリアンにも困難であろうことは間違いない。フーパー氏も“数十億年かかる大事業になる”と指摘している。ではなぜそんな面倒なことをするのか? それは、加速している宇宙の拡大にある。

宇宙の拡張スピードはダークエネルギーによって加速しており、フーパー氏の試算によれば、1000億年後の宇宙では銀河同士の距離は非常に大きく離れてしまうという。当然宇宙の移動は困難となり、安定したエネルギー源として恒星を確保しようとするなら、できるだけ早くこの事業に取り掛かる必要があるのだ。

もしエイリアンたちが恒星の移動計画を持っているなら、彼らはすでに実行しているのではないかとフーパー氏は指摘する。そして、恒星の移動などという大それた事業の原理を人類が理解することは難しいだろうが、移動中の星や星が持ち去られた跡を観測することは可能かもしれないという。

もしかすると地球を訪れるエイリアンの中にも、近くにある恒星……つまり“太陽”を持ち出そうと画策する者たちがいるのかもしれない。だが恒星の移動という大それたアイデアを実現できるだけの技術を持つ上、数十億年のスケールで物事を考えているようなエイリアンを相手にして、地球の人類が対抗などできるのだろうか?

(編集部)

参考:「Independent」「Phys.org」「arXiv.org」ほか

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【衝撃】火星で「巨大な樹木」が育ちまくっている決定的証拠画像! 昆虫や小動物もいる可能性...NASA探査機が激写!
今夜、細い月と金星が接近
ウェザーニュース
ゆっくり、しかし確実に進むインドの「有人宇宙飛行」計画
ブラックホール発生マシン「CERN」の性能が10倍アップすることが判明! ダークマター粒子も生成、パラレルワールドの謎も解明へ!
7月16日 人類初の原爆実験(1945年)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加