辻梨恵 せっかく単独首位だったのに...18番ダボで首位に4人の大混戦

辻梨恵 せっかく単独首位だったのに...18番ダボで首位に4人の大混戦

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/09/17
No image

17番で2打目を放つ辻梨恵

「女子ゴルフ・マンシングウェア・東海クラシック・第2日」(16日、新南愛知CC美浜C=パー72)

ツアー初優勝を目指す辻梨恵(23)=大和証券=が最終ホールでダブルボギーを打ちながらもベストスコア68をマーク。比嘉真美子、大山志保、アン・ソンジュ(韓国)とともに通算7アンダーで首位に立った。台風接近予報の最終日は18ホールプレーできるか不透明だが、いずれにしても大混戦模様だ。

開催コースのある知多半島にも台風18号が近づいている。18番を通算9アンダーの単独首位で迎えた辻は、「最終日は中止や短縮になるかも。1打でも縮めて上がりたい」と思っていた。それが影響したか、ドライバーショットが右へ行きがちだった不安が的中。ラフの深い右斜面に打ち込んでしまった。

第2打も再び右ラフへ打ち込み、結局ダブルボギーのフィニッシュ。「悔しいです」。自ら混戦を招いた。

それでも雨の中での15番までのゴルフは圧巻だった。8、11番での2度のチップインを含む7バーディーを奪取。「前週の試合で不動裕理さんと2日間回って、どんな場面、どんなショットでもリズムが変わらないすごさを見た。だから、考えすぎず淡々とリズムだけ意識していこうと思った」という。

最終ラウンドが中止の場合には、プレーオフのみが行われる可能性もある。いずれにしても念願の初Vへ、チャンス到来。神奈川県南足柄市の長福寺に生まれ育ち、座禅や茶道で鍛えた集中力、メンタルの強さを発揮する時だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ゴルフカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
藍さん超えで比菜羽ばたく!日本選手最速のプロ3戦目Vへ2位発進/国内女子
松山スコア伸ばし第2日は68 通算3オーバーでホールアウト
アン・シネ2差4位 第2日ウエアは「情熱の赤」に
宮里藍現役最終戦決定「引退後」の生活は...?
39位からキター!中島徹、自己ベスト『66』で急浮上5位/国内男子
  • このエントリーをはてなブックマークに追加