16勝目を目指す背番号16の東浜が好投 最速151キロマーク

16勝目を目指す背番号16の東浜が好投 最速151キロマーク

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2017/09/16

◆西武-ソフトバンク(16日・メットライフドーム)

先発の東浜が6回1失点の好投で優勝への道筋をつくった。2回、先頭の山川に先制の左越えソロを浴びたものの、3回以降は無失点。6回は2死一、二塁のピンチを招いたが、第1打席で一発を浴びた山川を遊ゴロに抑えた。最速151キロをマークするなど威力十分の直球に、キレのある変化球を交えて9奪三振。1年間ローテーションを支え続けてきた右腕は背番号と同じで両リーグ単独トップとなる16勝目の権利を持って降板した。「こんな大事な、優勝がかかる試合に登板できてすごく光栄ですし、初回から飛ばしていきました。早い回で代わってしまったのは反省点ですが、きょうはあれが精いっぱいでした。あとは、ブルペン陣に全てを託します」。盤石のリリーフ陣に後を託した。

=2017/09/16 西日本スポーツ=

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
巨人戦で左翼スタンドから物が投げ込まれる 福留の頭上を通過
阪神二軍監督“解任”の掛布雅之氏が「金本を潰す!」と、他球団に怒りの売り込み
昨季はマツダでビールの売り子 STU48瀧野「本当に最高」
勝負の赤下着でスタンド観戦うえむらちかV祝福
お前が打たなきゃ誰かが打つ。カープ黄金期を予感させる圧倒的な選手層
  • このエントリーをはてなブックマークに追加