AV業界の頭脳たちが一堂に会す!? SODの極秘ミーティングに潜入!

AV業界の頭脳たちが一堂に会す!? SODの極秘ミーティングに潜入!

  • 日刊サイゾー
  • 更新日:2017/11/21
No image
No image

数多くの著名な監督たちが在籍する、AV業界の最右翼SOD(ソフト・オン・デマンド)。そんなSODもとい、AV業界の頭脳たちが一堂に集結するミーティングが、月に一度行われていることはご存じだろうか?

「ミーティングとはAV監督が40~50人がひと部屋に集まって、SODのプロデューサーさんのAV企画のプレゼンを元に、各監督が立候補する“競り”のようなものです。そこで手を挙げた監督の中から、SODさんから後日正式にオファーが来るという流れなんです。今月はアクメ物とか痴漢電車といった企画がありました」

そう語るのは、映画『テレクラキャノンボール』でもおなじみの、カンパニー松尾監督。プロデューサーの出した企画を監督が実現するという流れだが、ということは監督たちから共感されずにボツになった、まだ見ぬどエロい企画もあるのではないだろうか? そんな、まだ日の目を見ないAVの情報をいち早く入手するために、10月某日、われわれ取材班はSODの本社に突撃した……が、われわれが到着する頃には会議は既に終わっていた。

「このまま手ぶらで帰るわけにはいかない」……そう考えていると、監督たちが別の部屋に移動し始めた。なんと、この日は会議の後に、現役人気AV女優・紗倉まなの小説を映画化した『最低。』の試写会が行われるという。

No image
No image

いまや世界中に熱心なファンを持ちながら、世間から“最低”という偏見を持たれているAV女優という職業に足を踏み入れ、不安や孤独に苛まれながらも自分らしく生きようとする女性たちの姿を描いた本作。それでは実際の制作の現場を誰よりも知るAV監督たちの目にはどう映ったのか? 試写後に感想を直撃してみた。

「AV業界の特殊な話に見えるかもしれないけど、親子、特に母と娘の関係も大きなひとつのテーマになっていて、そういう意味で普遍的な話になっていましたね」とは、前出のカンパニー松尾監督。

「当たり前だけどAV女優も誰かの娘であり、母親であったり、恋人であったりする。AV女優の周囲の人間関係や痛切な思いをこの映画を通して改めて感じましたね。美化したり避けたりせず、そうした部分をちゃんと描いているなと思いました」(同監督)

また、同じく会議に参加していた二村ヒトシ監督は「セックス自体が主題ではなく、セックスを仕事にすることが家族や恋愛に与える影響を描いた“家族”の映画ですが、女性の撮り方もバツグンに美しかった」と語るように、森口彩乃や佐々木心音の大胆な絡みシーンも本作の見どころのひとつとなっている。しかも、二村監督によればAV制作の裏側を垣間見られるような、妙に生々しい“AV業界あるある”(?)的なシーンも多かったという。

「単体女優のデビュー作の撮影を遠くのスタジオで行ったり、キカタン(企画単体)のコが親バレした翌日に平気な顔で現場に来るけども、きっと一晩中寝られなかったのでしょうか、絡み中に気を失ったり……と、僕から見ても実にリアルなシナリオでした」(二村ヒトシ監督)

なかなか外からは見えにくいAV制作の舞台にしながら、多くの人の心を打つ物語が展開する映画『最低。』は、11月25日(土)より角川シネマ新宿ほか全国で公開予定だ。
(文=伊藤綾)

No image

●『最低。』
出演/森口彩乃 佐々木心音 山田愛奈
忍成修吾 森岡龍 斉藤陽一郎 江口のりこ 渡辺真起子 根岸季衣 高岡早紀
監督/瀬々敬久
原作/紗倉まな『最低。』(角川文庫刊)
脚本/小川智子、瀬々敬久
製作・配給/KADOKAWA
11月25日より角川シネマ新宿他にて全国公開
C)2017 KADOKAWA
http://saitei-movie.jp/

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
変身シーンもお披露目!『ブラックパンサー』超クールでミステリアスな予告編
加瀬亮や藤谷文子が「モーツァルト・イン・ザ・ジャングル」シーズン4に特別出演
「ブラックパンサー」予告編公開!「アベンジャーズ」最新作に直結
『ブラックパンサー』変身シーン&アクション満載の日本版予告公開
「ブラックパンサー」予告編、変身シーンやマイケル・B・ジョーダン演じる悪役の姿も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加