OPEC 8年ぶり減産で最終合意

OPEC 8年ぶり減産で最終合意

  • 日テレNEWS24
  • 更新日:2016/12/01
No image

OPEC(=石油輸出国機構)が先月30日、ウィーンで総会を開き、8年ぶりに減産することで最終合意した。発表を受け、原油相場は上昇している。

原油価格の低迷が続き産油国の経済が打撃を受ける中、OPECは今年9月、8年ぶりに減産することで基本合意したが、各国の具体的な削減目標をめぐり協議が続けられてきた。

先月30日に発表された最終合意では、来年の1月から生産量を日産で120万バレル削減し、3250万バレルとすることが決まった。

また、OPECに加盟していないロシアも減産に協調し、日産30万バレル削減する方針を示している。

発表を受けニューヨークの原油先物価格は、一時、前の日と比べて約10%上昇している。今後、日本のガソリンや灯油の価格にも影響が出るものとみられる。

動画の再生はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「極ZERO」酒税騒動を振り返る 発泡酒? 第3のビール?
「自動ブレーキ」最下位の車は... 国交省が11車種をテスト
安全性の違いに驚きの声! アメリカ産対メキシコ産の日本車が正面衝突
【コンチネンタル技術説明会】旋回中でも安定をキープ...ABSの有効性を身をもって体験
OPEC減産合意は効き目なし?突如「伏兵」現わる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加