患者には出しても、医者なら「まず飲まない薬」

患者には出しても、医者なら「まず飲まない薬」

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2019/05/20

医者の半分は飲んでいない
「私は医者ですが、できるなら薬は飲まないのが一番いい。それは確信を持って言えます」
こう語るのは内科医で高雄病院理事長の江部康二氏。同氏は52歳のときに糖尿病と診断されながら、一切、薬は飲まずに食事療法と運動療法だけで、糖尿病を克服した。
「現在69歳になりますが、おかげさまで合併症(視力障害、腎臓障害など)もなく元気に過ごしています。
なぜ私が薬を飲まないのか。それはい

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加