堀江貴文氏、Jアラート批判再び「クソはクソ」

堀江貴文氏、Jアラート批判再び「クソはクソ」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/09/15
No image

堀江貴文氏

ホリエモンこと実業家の堀江貴文氏(44)が、再びJアラート(全国瞬時警報システム)に対する批判を繰り広げた。

堀江氏は先月29日に北朝鮮が弾道ミサイルを発射したことでJアラートが発令された際、ツイッターで「マジでこんなんで起こすなクソ。こんなんで一々出すシステムを入れるクソ政府」と非難していた。

そして北朝鮮は15日午前6時57分ごろ、弾道ミサイル1発を北東方向に発射。ミサイルは北海道上空を通過し、襟裳岬の東約2000キロの太平洋上に落下した。

今回もJアラートが作動。堀江氏は「今回はたまたまシンガポールにいたからあのクソJアラート鳴らなくてよかった」と“被害”を被らなかったことを喜んだが、「あの安眠妨害装置なんとかならんのかな呆」「クソはクソだろ」「なんの役にたつ?叩き起こされてなんかいいことあんのか?ボケ」と不満をぶちまけた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
北海道に「500万人の中国人」が押し寄せる未来 | 中国の北海道「乗っ取り作戦」全貌 ~その6~
日本の新幹線はただの交通手段ではない!車内であんなこともできる―中国メディア
韓国・文大統領の“鈍感力” 北朝鮮支援発表で国民も不安に
日系車がなぜ売れるかって? トヨタ・カローラを例に説明しよう=中国報道
成長産業の独占を狙う中国、他国はもはや太刀打ちできない―英誌
  • このエントリーをはてなブックマークに追加