田沢、1回無失点 大量リード許した場面で登板「逆に緊張感あった」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/04/17

◇インターリーグ マーリンズ1―12ヤンキース(2018年4月16日 ニューヨーク)

マーリンズの田沢純一は16日、ニューヨークで行われたヤンキース戦で1―12の8回に4番手で登板し、1回無失点、2三振で三者凡退とした。勝敗などは付かず、防御率1・69。チームはそのまま敗れた。

田沢は今季初となる2日連続のマウンド。大量リードを許した場面での出番に「逆に変な緊張感はあったけど、一球一球、落ち着いて投げられた」。打者3人を11球で片付け「(球数は)できるだけ少ないに越したことはないけど、関係なく一球一球しっかり投げたい」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

MLBカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大谷 メジャー初の「4番・DH」で先発出場
大谷が初4番!メジャー57年ぶり3戦以上登板して“大役”
イチロー執念2安打 外野手5→4でサバイバル
ノーヒッター達成のマナイアが週間MVP ナ・リーグはDバックスのコービン
ヘレディア降格に地元紙“疑問符”「マリナーズは何を考えている」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加