「Android P」(仮)は“切り欠き”をサポート?

「Android P」(仮)は“切り欠き”をサポート?

  • ITmedia NEWS
  • 更新日:2018/02/13
No image

米Googleの次期モバイルOS「Android P」(仮)は、米Appleの「iPhone X」の「センサーハウジング」のような“切り欠き”をサポートする──。Apple関連の情報で定評のある米Bloombergのマーク・ガーマン記者が2月12日(現地時間)、独自の情報筋の話として新OSについてそう報じた。

iOSの「センサーハウジング」対応

No image

切り欠きのある「Essential Phone」

今秋リリースとみられる次期Androidの主な目標は、情報筋によると、ソフトウェアのデザイン改善によってiPhoneユーザーのAndroidへのスイッチを促進することという。

“切り欠き”のあるAndroid端末としては、今のところ米国で販売されているアンディ・ルービン氏のEssential Productsの「Essential Phone」や、日本ではシャープの「AQUOS R Compact」しかないが、中国Huaweiも切り欠きのある端末を開発中とうわさされている。

Android Pではこの他、マルチ画面や折りたためる画面のサポート、バッテリー持続時間の改善、「Googleアシスタント」とGoogle検索の統合強化などが予定されているという。

「Googleアシスタント」については、現在はホーム画面のGoogle検索バーとは別に、ホームボタンの長押しで呼び出すようになっているが、これが統合されるとみられる。また、サードパーティーアプリでGoogleアシスタントが使えるようになる見込みだ。

次期Android OSについては、5月8日からマウンテンビューで開催の「Google I/O 2018」でまずコードネームのアルファベットとアウトラインが発表される見込み。Bloombergによると、次期AndroidはGoogle社内では「Pistachio Ice Cream」と呼ばれているが、これは変わる可能性があるという。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Androidカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
Galaxy S9/S9+、前モデルより値上がりするかも
【実売速報】androidスマートフォン売れ筋 TOP 3 !
この春、子供にスマホデビューさせるなら3万円以下の高機能スマホが正解!
Mobile World Congressを前にAndroidの近況報告 - Google Official blog
自分のAndroid端末を「8」にできるものならしたいです!? - いまさら聞けないAndroidのなぜ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加