「なぜかネットにつながらない!」引越し先で困らないよう準備しておくべきこと

「なぜかネットにつながらない!」引越し先で困らないよう準備しておくべきこと

  • @DIME
  • 更新日:2017/11/14

■連載/パソコン&スマホ「サポートスタッフだけが知っている“プロのテクニック”」

No image

お引っ越しのシーズンですね。

住民票の移動や、公共料金、運転免許証の住所変更など様々な手続きが山のようにありますが、パソコン関連ではインターネット回線の手続きも忘れないようにして下さい。手続きを忘れると、引っ越し先でネットが繋がらなくなってしまうことがあります。今回はインターネットの接続に関して引っ越し時に注意すべきポイントを見ていきましょう。

●回線への乗り替えも視野に入れよう

同じ光回線でも、回線業者とプロバイダー(ISP)が別の会社の場合は、それぞれ手続きが必要なケースがあります。まずは、自分の現在契約している回線業者とプロバイダーを確認し、ホームページなどで引っ越し手続きについて調べましょう。住所変更の手続きは、ホームページ上でできるサービスが増えていますが、郵便で書類を送る必要がある会社も存在するので、早めに確認した方が良いでしょう。

手続きが完了していれば、引っ越し先でこれまで使っていたルーターを接続すればネットに繋がりますが、アカウントの再設定や引っ越し先での工事が必要なこともあります。

また、現在契約している回線やプロバイダーが引っ越し先に対応していないこともあります。CATV(ケーブルテレビ)は地域が限定されていますし、マンションや一戸建てなど建物の形態によっては同じサービスが使えません。その場合には、新たにその地域や物件に対応している会社と契約することになります。

引越を機に、より安く、より速い回線への乗り替えを検討してみてはいかがでしょう。ただし、プロバイダーが変わると、サービスに附属していたメールアドレスは使えなくなります。また、契約期間内の解約は、違約金の支払いが発生することもあるため、慎重に判断して下さい。

●Wi-Fiルーターも見直そう

引っ越し先でパソコンを再設置する際、間取りによっては、パソコンとルーターとの距離が遠くなり、有線LANでは配線が面倒です。またWi-Fiルーターでも距離や位置関係によってネットが繋がらなくなったり、速度が遅くなったりすることがあります。新しいWi-Fiルーターには、電波の強いハイパワータイプを謳った製品があり、距離のある部屋や違う階にも電波が届きやすくなっています。また、11nや11acという新しい規格に対応することで、ネットの速度も速くなるので、引越を機にWi-Fiルーターを見直すのもおすすめです。電波が届きにくい場合には、中継機という機械を途中に設置する方法もあります。

No image

プロバイダーなどが変更された場合は、パソコンのネットワーク設定を再度やり直す必要があります。設定方法はプロバイダーから送られてきた書類やWebサイトを参考にして下さい。

No image

パソコンや周辺機器の配線も引っ越し先ではイチからやり直さねばなりません。ネット接続は有線LANよりもWi-Fi(無線LAN)のほうが、設置場所の自由度が高まります。ただし、距離や位置関係によってはより電波の強いWi-Fiルーターや中継機の導入が必要になるでしょう。

No image

USB接続のプリンターは、そのままパソコンに繋がりますが、Wi-Fi接続のプリンターの場合、ルーターが変われば設定の変更が必要です。

No image

文/宮本寛之
日本PCサービスが運営する「ドクター・ホームネット」 神戸店係長。パソコンも接客も大好きです。起動しなくなったパソコンなどありましたら、ぜひお気軽にご依頼ください!→ 0120-611049

構成/小口 覺

※記事内のデータ等については取材時のものです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
加熱式タバコ、半年吸ったら健康になった!?
暴力事件、理事長選、そしてファッション......貴乃花親方の深い闇
習慣を変えれば会議が変わる。会議が変われば会社が変わる?
1日1回のオーガズムで医者いらず!実は、女性の万能薬
【GU】メンズパーカーがすごい!!どんなアウターとも相性抜群
  • このエントリーをはてなブックマークに追加