『関ヶ原』合戦当日の応援上映で三成に歓声 「来年こそは勝とうね!」

『関ヶ原』合戦当日の応援上映で三成に歓声 「来年こそは勝とうね!」

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/09/16
No image

岡田准一主演の映画『関ヶ原』(公開中)の合戦当日応援上映が15日、東京・新宿バルト9で行われた。

同作は司馬遼太郎の同名小説を実写化。戦国時代に終止符を打った"関ヶ原の戦い"で石田三成(岡田)はなぜ徳川家康(役所広司)に負けたのか、封印された真実をひもとく。三成と淡い恋を育む伊賀忍び・初芽を有村架純が演じ、原田眞人監督がメガホンをとった。国内映画ランキング2週連続1位で、興行収入も16億円を突破している。

15日は417年前、旧暦・慶長5年に“関ケ原の戦い”の火ぶたが切って落とされた、合戦当日。時空を超えて合戦を応援観戦するべく、コスプレOK・掛け声OK・サイリウム持ち込みOKという応援上映会が企画された。客席には甲冑コスプレの観客や、推し武将の巨大うちわを持参する観客の姿も見受けられた。

原作・司馬遼太郎、原田眞人監督のテロップが出ると「作ってくれてありがとう!」とサイリウムが揺れる。岡田演じる石田三成が馬に乗って登場すると「殿~!」「カッコいい~!」と黄色い声援が飛び交い、地蔵を備えるシーンでは「優しい!」「その地蔵になりたい!」「好き!」とラブコール。滝藤賢一演じる豊臣秀吉がお茶を飲む場面では、「熱いからちゃんとフーフーして!」とやけどを心配する声や「一気!」コールも起こった。

役所広司演じる徳川家康には「狸!」「秀秋、だまされないで! そいつの話は信じるな!」と注意の声が上がり、有村架純演じる忍び・初芽に三成が「初芽は我が恋じゃ!」と告白する展開には会場中のサイリウムが激しく揺れる。2人の様子に「耳が赤いぞ! 照れるな!」「初芽、何か言ってやれよ!」とツッコミの声が上がった。

決戦の日のテロップが表示されると「ついに来たぞ!」「今日だよ、今日!」「みんな頑張れ!」と客席のテンションもマックスに。合戦シーンでは「左近は狙わないで!」「やめて!」「裏切るな!」「走って逃げて」などのエールが乱れ飛ぶ。しかし西軍が徐々に後退しはじめると、会場は静かになり、すすり泣く声も。処刑所に向かう三成の姿で映画が幕を閉じると、会場は拍手に包まれ、「大一、大万、大吉!」「来年こそは勝とうね!」と声がかけられていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ナタリー・ポートマン、“吹き替えなし”で妖艶なボディーを披露
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』ついに完成!監督が報告
元乃木坂46深川麻衣 初主演でついにスクリーンデビュー
リリー・フランキー、演じて分かった障害者の現実
村上虹郎「森達也監督は面白い」。早見あかりの恐怖体験ほか撮影秘話を明かす
  • このエントリーをはてなブックマークに追加