最新ランキングをチェックしよう
大河救う染谷将太の新信長 視聴率下降から一転して上昇基調へ

大河救う染谷将太の新信長 視聴率下降から一転して上昇基調へ

  • 女性自身
  • 更新日:2020/03/24

長谷川博己(43)主演のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」第10話が3月22日に放送され、平均視聴率は16.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)を記録した。
初回は19.1%でスタートしたが、回を重ねるごとに数字が下落。第5話は13.2%となっていた。だがその後に盛り返し、第9話では15.0%。そして10話で1.5ポイントのアップとなり、同時間帯の横並び視聴率で1位を獲得した。
「これまで、制

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
NHK“リモートドラマ”に感じた可能性と限界...コロナ後のドラマ制作はどう変わるのか?
『ZIP!』貴島明日香“胸チラ”を反省!? 最新動画はタチっぱなし...
伊集院光&古市憲寿「M」第3話がコメンタリー付きで放送、ナイツ塙も
霜降り明星・せいや 「あいつは死んだ!」のセリフ練習で警察に逮捕されかけた
平成生まれで元派遣社員の私が、はじめて『ハケンの品格』を見て“強烈な違和感”を覚えたワケ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加