ゼンショー、群馬県のスーパー「フジマート」買収 小売り事業を拡大

ゼンショー、群馬県のスーパー「フジマート」買収 小売り事業を拡大

  • ITmedia ビジネスオンライン
  • 更新日:2016/10/18

ゼンショーホールディングスは10月18日、群馬県などで食品スーパーを展開するフジタコーポレーション(群馬県太田市)を11月21日付で買収すると発表した。食品小売り事業のさらなる拡大を狙う。

食品小売り事業を統括する中間持ち株会社・日本リテールホールディングスを通じ、124億円で株式の97.1%を取得する。

フジタコーポレーションは群馬県を中心に食品スーパー「フジマート」「アバンセ」「マルシェ」など計44店舗を展開。ゼンショーは2012年にマルヤを買収して食品小売りに参入し、現在、関東圏を中心に「マルヤ」「マルエイ」「尾張屋」など約100店を展開している。

今回の買収で店舗網を強化することで「食材調達、物流、店舗運営などの各分野において相乗効果が期待できる」として収益拡大を狙う。

No image

「フジマート」

No image

ニュースリリース

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
KDDI、元NEC系ISPビッグローブ買収を発表!富士通系のニフティとも交渉中?
バイク王、販売事業を強化...入間店など8店舗で販売サービス開始
メルセデス Sクーペ & カブリオレ、米国でリコール...シートベルトに不具合
KTM東京東、12月17日リニューアルオープン...関東圏最大規模
【報ステ】“カジノ法案”成立急ぐ理由とは...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加