ようやくつかんだ勝ち点...V・W際途中出場のズウォレ、ドローで開幕からの連敗をストップ

ようやくつかんだ勝ち点...V・W際途中出場のズウォレ、ドローで開幕からの連敗をストップ

  • ゲキサカ
  • 更新日:2019/08/26
No image

[8.25 エールディビジ第4節 ズウォレ2-2スパルタ・ロッテルダム]

オランダ・エールディビジは25日、第4節を開催し、MF中山雄太とDFファン・ウェルメスケルケン・際が所属するズウォレスパルタ・ロッテルダムをホームに迎え、2-2で引き分けた。際は後半11分から出場し、中山はベンチ外だった。

開幕3連敗で最下位に沈むズウォレは前半8分に先制点を献上しながらも、同9分にMFイリアス・ベル・ハッサーニが決めて同点に追い付く。

1-1のまま後半を迎えると、同11分にズウォレベンチが動き、FWヤルノ・ウェスターマンに代えて際を投入。すると交代直後、FWペレ・クレメントのアシストからMFレナート・ティが決めてズウォレが勝ち越しに成功した。

後半31分には際に好機が訪れ、CKの流れから右足でシュート。相手選手に当たって跳ね返ったボールに自ら反応して再びシュートを放ったが、勢い良く飛び出したボールはわずかにゴール左に外れてゴールとはならなかった。

すると、後半36分にスパルタ・ロッテルダムに同点に追い付かれてしまう。その後、勝ち越しを狙ったズウォレに得点は生まれずに2-2のドロー決着。開幕からの連敗を3でストップしたズウォレは今季初の勝ち点を獲得した。

●海外組ガイド

●オランダ・エールディビジ2019-20特集

●堂安、板倉の試合も!!“初月無料”DAZNでハイライト配信中

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
加藤ローサ、ポーランドで感じた“サッカー選手の妻”の苦労 長期滞在決意も3ヶ月で帰国
長友佑都、惜しかった!「本田ばりの無回転」シュートがこれ
18歳14日のアーセナル新星が衝撃の1G2A!! 長谷部&鎌田はフル出場もホームで完敗
ボローニャOBの元DFが冨安健洋を称賛。「ピッチ上ではベテランのようだ」
東京五輪目指す中国U-22代表、ヒディンク監督が退任。新体制で予選へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加