冷蔵庫のプリンを食べる犯人に警告を発して反省までさせるデバイス「プリン・ア・ラート2」

冷蔵庫のプリンを食べる犯人に警告を発して反省までさせるデバイス「プリン・ア・ラート2」

  • MdN
  • 更新日:2018/04/17
No image

使用イメージ

モノづくり集団aNo研(a Nice Object 研究所)は、冷蔵庫のプリン見守りデバイス「プリン・ア・ラート2」を発表している。

同研究所は以前にも、プリンが取られるとLINEで「プリンが取られました!!」と通知する「プリン・ア・ラート」を制作。プリンに対する並々ならぬ「取られたくない」という思いを持っている。

今回の改良版「プリン・ア・ラート2」では、プリンを取ったその瞬間に取ることを思いとどまらせるデバイス。プリンを載せている皿からプリンを取るとセンサーが反応、付属するディスプレイが起動し、怒り顔の表情と「プリン、返してね!」とプリン泥棒に呼びかける。泥棒がプリンを皿の上に返すと、「プリン、返ってきた」と反応し、ディスプレイの顔も心なしか安心しているように見える。その表情を見た犯人は反省し、悔い改めて再犯も防げるという仕掛けだ。

No image

プリン返却後の顔

また、LINEでの通知機能も健在。アラートにもかかわらずプリンを持っていった人に対し、直接LINEして食べるのを思いとどまらせることも可能だ。

No image

LINEでの通知

同研究所ではほかにも、抹茶を全自動でたてられる「茶道ロボ」なども発表しており、そのアイデアには注目が集まっている。

No image

日本の伝統文化をロボットで表現しようというテーマで製作した茶道ロボ

パワフルです #私の作品もっと沢山の人に広がれ祭り
— aNo研 (@anoken2017)
2018年3月11日
from Twitter

プリン・ア・ラート2
URL:https://mechatro-life.com/anoken2017/a92a27ef-1853-4f2c-9a4f-cc3f32e972d8

aNo研
URL:https://anoken.jimdo.com/
2018/04/17

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
車がひいても割れないスマホケースを売り出した企業の巧みな戦略
【会見速報】「Google Wifi」が日本上陸、4月26日発売
データ分析、行動センシング、路面状況管理、多言語翻訳、業種に合わせてカスタムできるビッグローブの業務用IoTデバイス『BL-02』
『フォートナイト』サーバーが緊急メンテナンス中―復旧目処は不明
スマホと連動するキーホルダー「attag(アッタグ)」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加