【柏】起死回生の一発。その時、エースは何を思っていたのか?

【柏】起死回生の一発。その時、エースは何を思っていたのか?

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2017/09/17
No image

チームを敗戦から救う同点弾を決めたクリスティアーノ。その働きはまさにエース。頼りになる男だ。写真:徳原隆元

[J1リーグ26節]横浜1-1柏/9月16日(土)/日産スタジアム

まさに起死回生の一発だった。

1点ビハインドで迎えた87分、敵陣ペナルティエリア付近で柏がFKを獲得する。決めれば同点という場面でボールに向かったのはクリスティアーノ。右足から放たれた一撃はゴールマウス左に突き刺さる。

「あの位置でのFKは前々から蹴りたいと思っていた。トレーニングから決めていたので、自信を持って蹴ることができた」

逆転優勝に向け、今日の試合は是が非でも勝利を掴みたかったはずだ。「立ち上がりは相手の左サイドがとても機能していて、難しい展開だった」と振り返ったように、とりわけ先制を許した前半はチームとしても思い通りにならず苦しんだ。

前線を幅広く動き回り、全力で守備をこなすクリスティアーノの姿は頼もしく映ったものの、エースの本来の仕事――ゴールがなかなか奪えない。

それでも、最後の最後でチャンスをモノにするのがエースたる所以。決めるべき選手が結果を出せば、勢いは増す。多彩なゴールパターンを持つ背番号9が、逆転優勝のカギを握る。

取材・文:梶山大輔(サッカーダイジェスト編集部)

【横浜 1-1 柏PHOTO】上位対決は齋藤、クリスティアーノのスーパーゴールで決着付かずのドローに終わる

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
中島翔哉がカシージャスから芸術弾!!2戦3発もチームは首位ポルトに屈する
【ライターコラムfromC大阪】山下達也、先発落ち経験で奮起...仕切り直しの仙台戦で完封誓う
恐怖!殺人鬼の館カシマ...中田浩二氏「ハンパない」
九州山口勢4人が決定戦進出 修了記念競走
7月に仙台加入の古林将太、通算100試合出場に王手/J1第27節

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加