最新ランキングをチェックしよう
空間に落書きできるAR時代のSNSアプリ「Graffity」正式公開、総額3000万円の資金調達も

空間に落書きできるAR時代のSNSアプリ「Graffity」正式公開、総額3000万円の資金調達も

  • TechCrunch
  • 更新日:2017/11/03

位置情報に写真・動画の投稿、SNSを組み合わせたアプリやサービスはいろいろリリースされているが、さらにAR(拡張現実)の要素が加わったアプリが登場した。11月3日に正式公開された「Graffity」は、スマホで空間に絵やテキストを落書きしたり、スタンプや写真を置いたりすることができ、置かれたオブジェクトと周りの風景を一緒に撮影して動画でシェアできる、AR動画のSNSアプリだ。Graffityで撮影

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
【続報】地下鉄の駅で保護されたハムスター、その後どうなった? 警察署から引き取ったのは...
西野未姫「これならモテますか」過激なグラビアオフショットにファンびっくり
【心理テスト】強敵から魔法攻撃、どうする!? 答えでわかる嫌いな人から身を守る方法
「記録的な雪不足」暖冬の原因は...?異常気象を分析 気象庁
  • このエントリーをはてなブックマークに追加