最新ランキングをチェックしよう
空間に落書きできるAR時代のSNSアプリ「Graffity」正式公開、総額3000万円の資金調達も

空間に落書きできるAR時代のSNSアプリ「Graffity」正式公開、総額3000万円の資金調達も

  • TechCrunch
  • 更新日:2017/11/03

位置情報に写真・動画の投稿、SNSを組み合わせたアプリやサービスはいろいろリリースされているが、さらにAR(拡張現実)の要素が加わったアプリが登場した。11月3日に正式公開された「Graffity」は、スマホで空間に絵やテキストを落書きしたり、スタンプや写真を置いたりすることができ、置かれたオブジェクトと周りの風景を一緒に撮影して動画でシェアできる、AR動画のSNSアプリだ。Graffityで撮影

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
吹田市の交番襲撃33歳は、テレビ局役員の息子? 各ワイドショーで報じられず疑問の声
「おめえ、何やってるんだよ!」徳光和夫のロケ番組‟暴言”にドン引き
児童ポルノ摘発「1歳3カ月から13歳まで」11人を毒牙にかけた31歳犯人の“おぞましい犯歴”
関テレ 常務の息子の事件で対応追われる...連絡受け緊急会議「メディアの責任果たす」
アンガールズ田中が予見していた!?東大生“頭脳王”の「妊娠中絶トラブル」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加