最新ランキングをチェックしよう
1年間の育児休業が職場に与えた影響が「破壊的」だったとしてビル&メリンダ・ゲイツ財団が制度の見直しを決定

1年間の育児休業が職場に与えた影響が「破壊的」だったとしてビル&メリンダ・ゲイツ財団が制度の見直しを決定

  • GIGAZINE
  • 更新日:2019/03/25

by neildodhia
アメリカは先進国の中では唯一有給の育児休業が認められていない珍しい国ですが、一部の企業や団体は独自の育児休業制度を設けています。その代表的な例がビル&メリンダ・ゲイツ財団で、同団体は従業員に対し、約1年間に相当する52週間の有給育児休業を認めてきました。しかし、同団体の人事部門の責任者はLinkedInへの投稿の中で、この育児休業が職場にもたらした影響は「あまりにも破壊

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
振込はできる?10連休中の銀行ATMと窓口の空き状況一覧
本日スタート:かつやが「平成最後の特売」を開催! と思ったら「令和最初の特売」もやるってよ!! 150円値引き祭りキターーーッ!
なぜ?「自動洗濯物たたみ機」の開発会社が破産
那覇軍港に「異形の真っ赤な船」あらわる その「深海能力」で墜落のF-35A戦闘機捜索へ
ルネサス混迷、異例の2カ月操業停止で社員一時帰休と給与カット...巨額負債の隠れた爆弾
  • このエントリーをはてなブックマークに追加