最新ランキングをチェックしよう
1年間の育児休業が職場に与えた影響が「破壊的」だったとしてビル&メリンダ・ゲイツ財団が制度の見直しを決定

1年間の育児休業が職場に与えた影響が「破壊的」だったとしてビル&メリンダ・ゲイツ財団が制度の見直しを決定

  • GIGAZINE
  • 更新日:2019/03/25

by neildodhia
アメリカは先進国の中では唯一有給の育児休業が認められていない珍しい国ですが、一部の企業や団体は独自の育児休業制度を設けています。その代表的な例がビル&メリンダ・ゲイツ財団で、同団体は従業員に対し、約1年間に相当する52週間の有給育児休業を認めてきました。しかし、同団体の人事部門の責任者はLinkedInへの投稿の中で、この育児休業が職場にもたらした影響は「あまりにも破壊

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
ローラの“横乳丸出し”ショットに爆笑「ピコ太郎」「マツケンサンバ」
加藤浩次、あおり運転容疑者の確保映像にツッコミ 「その通り!」
ヒロミMC『アオハルTV』突如終了の不可解さ! 舞台裏で「最終回NG」のジャニーズ協定が
メイプル超合金・安藤なつ、「常におしっこが漏れている状態」と判明し悲鳴
『千と千尋の神隠し』名セリフ1位は?トップ5発表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加