最新ランキングをチェックしよう
固定資産の評価に必要な住宅立ち入り「家屋調査」とは?

固定資産の評価に必要な住宅立ち入り「家屋調査」とは?

  • ZUU online
  • 更新日:2018/01/15

住宅を新築・購入・増改築すると、建物の内・外を立ち入り調査する「家屋調査」がある。通常、市町村などの固定資産税課職員が現地調査に入るが、これは家屋の資産評価額を算出するために必要な過程である。「調査」といわれるとついつい身構えてしまうが、誰が、何のために、どのようなことを行うのだろうか。■「家屋調査」は固定資産税の評価額を算出するため住宅を新築し、所有権を取得した者は、原則その取得の日から1カ月以

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
<W杯>日本対コロンビア、中国人の勝敗予想は...!?
「涙があふれた!」「やっぱり半端ない!」コロンビア戦快勝にファンが狂喜乱舞!【日本代表】
まるで地響き! 日本のパス回しにコロンビアサポーターから容赦ない大ブーイング
報道NGも 松井珠理奈の“暴走ぶり”が明らかになった,AKB総選挙の舞台裏
コロンビア地元紙は日本戦黒星にガッカリ...「悲しい敗北」「複雑なスタート」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加