主審の“勘違い”で異例の「PK戦やり直し」 3週間後の再戦で勝敗逆転の珍事発生

主審の“勘違い”で異例の「PK戦やり直し」 3週間後の再戦で勝敗逆転の珍事発生

  • Football ZONE web
  • 更新日:2017/10/12
No image

オランダのKNVBカップ1回戦で起きた珍事 主審がPK方式を間違える

オランダ国内カップ戦で異例の“PK戦”やり直しが行われ、当初勝ち上がりを決めていたチームが一転して敗退する珍事が発生した。これは試合を担当した主審が、PK戦において間違ったルールを採用したために起きたという。英紙「デイリー・テレグラフ」などが報じた。

現地時間9月20日に行われたKNVBカップ(オランダ国内カップ戦)の1回戦で、3部FCリッセと5部のHSVフークが激突。試合は2-2の同点のままPK戦に突入し、PKスコア5-4でFCリッセが勝利していた。

しかし、この結果にKNVB(オランダサッカー協会)が待ったをかけた。主審はこのPK戦で、一巡ごとに両チームのキックの順番が入れ替わる「ABBA方式」を採用したが、このルールはオランダではまだ正式な採用が決まっていない。間違ったルールで試合が進められたとして試合は無効となり、協会はPK戦のみ再試合を行うと決定した。

再試合は最初の試合からおよそ3週間後の現地時間11日に行われた。公式戦でPKのみが行われるという異例のゲームとなったが、試合に勝利したのは一度敗れたはずのHSVフーク。ホームスタジアムに多くの観客が詰めかけた格上のリッセは、よもやの敗戦を喫した。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
カシージャス 美人妻でも完敗
大食い王“もえあず脱落”に不満続出「ちょっと不平等」
ミス美尻 ヌードでメッシ激励
フジの村田戦CM批判を諭す声多数「ラウンド間CMは当たり前」...中継に感謝も
希望・小池代表 パリで敗戦の弁 「排除発言」で失速
  • このエントリーをはてなブックマークに追加