最新ランキングをチェックしよう
東京新聞・望月衣塑子が『新聞記者』を書いた理由

東京新聞・望月衣塑子が『新聞記者』を書いた理由

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2017/11/12

炎上程度なら仕方ない
―『新聞記者』では東京新聞記者としてのこれまでの仕事ぶりや入社に至るまでの歩みが綴られています。社会部記者の望月さんが、菅官房長官の定例会見に参加するようになった経緯も書かれています。
最初は、「森友・加計問題が盛り上がっているのに、菅さんへのツッコミが甘い」と、テレビの記者から聞いたんです。実際に会見を見てみると本当に記者が踏み込まない。それで政治部長に「会見場に行きたい」

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
男は供述 「韓国で泥棒ができなくなり日本に来た」
北海道沖で超巨大地震!? 専門家が400年前の津波被害を検証
「身動き取れず手が股間に...」 中学教師の男を逮捕
「ブサイクな丸顔のデブだった......」女性の尻に入れ墨して逮捕の43歳男が自称していた“ロックミュージシャン”像
【自業自得】ひどい煽り運転&黄色線無視の軽自動車。しかしパトカーが超加速で検挙!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加