最新ランキングをチェックしよう
東京新聞・望月衣塑子が『新聞記者』を書いた理由

東京新聞・望月衣塑子が『新聞記者』を書いた理由

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2017/11/12

炎上程度なら仕方ない
―『新聞記者』では東京新聞記者としてのこれまでの仕事ぶりや入社に至るまでの歩みが綴られています。社会部記者の望月さんが、菅官房長官の定例会見に参加するようになった経緯も書かれています。
最初は、「森友・加計問題が盛り上がっているのに、菅さんへのツッコミが甘い」と、テレビの記者から聞いたんです。実際に会見を見てみると本当に記者が踏み込まない。それで政治部長に「会見場に行きたい」

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
リーダー大野智の一人負けで開き過ぎた嵐「メンバー間格差」!
洗面台にぴったりと丸まって眠るネコを起こすと...しあわせな『お返事』が♪
22歳女性を40人が4日間にわたりレイプ インドの宿泊施設で
子猫を助けたつもりが、実は自分が助けられていた事に気が付いた女性
絶対になさそうだった「タモリ、不倫」を聞いて思うこと
  • このエントリーをはてなブックマークに追加