流経大柏高時代に二冠達成も大学で挫折... タイでプロ選手となった30歳の日本人MFが歩んだ紆余曲折

流経大柏高時代に二冠達成も大学で挫折... タイでプロ選手となった30歳の日本人MFが歩んだ紆余曲折

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2019/08/22
No image

これからピッチへの入場に臨もうとする小島。タイではサッカー以外にも多くの発見があったという。写真:佐々木裕介

No image

インタビューに応じてくれた小島。高校時代は大前元紀(大宮)らとともに高校二冠に輝いた。写真:佐々木裕介

Jリーグでプロになるだけがサッカー選手ではない。外に目を向ければ、Jを知らない日本人選手が巨万といる時代である。

タイでプロとなり、バングラデシュと日本を経て、今季また縁深いタイへと舞い戻った選手がいる。小島聖矢、30歳。プロ選手歴8年目、東南アジアを主戦場としてきた彼のヒューマンストーリーに迫った。

――◆――◆――

――兄弟揃ってサッカー選手(弟は小島秀仁/ジェフ千葉所属)、環境がそうさせたのでしょうか?

「父も高校(古河一高)、大学(法政大)とサッカーをやっていた人間で、母は高校時代にサッカー部のマネージャーを。云わばサッカー一家ですよね、弟も私も自然と球を蹴っていました」

――地元クラブで基礎を培った後、高校は“越境”して流経大柏へ進まれています。

「当時の千葉は“市船”全盛時代だったんですが、私の代(3年生時)で全国初優勝することが出来たんです。公式戦はインターハイ準決勝で屈した以外は負けた記憶がない、強かったんですよ(照笑)」

――そんな順風満帆に見える高校時代の思い出は?

「キツかった思い出しかないです。監督(本田裕一郎氏)が求めるものが“質”と“量”の両面でしたから。ひとり走れる子が居れば皆が走れなければいけないし、ひとり技術がある子が居れば皆が同じく出来なければいけない、常に完璧を求めた指導を受けていました。また負けず嫌いの集まりだったので、日々胸ぐらの掴み合いや削り合いが日常茶飯事でした。お陰で試合が楽に感じたくらい、試合の日が嬉しかったですからね。とはいえ、試合に負けたら日が暮れるまで走らされる、その恐怖心から試合では出し惜しみせずに走るみたいな(苦笑)」

――大学は流通経済大サッカー部へ。

「1年生の時から2軍(JFLでプレー)へ入れてもらえて、2年生で1軍(関東1部でプレー)に、3年生からはボランチで頭から使ってもらえていたんですが大怪我してしまって。その影響で心身共にバランスを崩して立ち直れなかった、いま思えば若かったなと。ただそんな私を傍で見ていてくれたコーチ(大平正軌氏)がタイ行きのチャンスを繋いでくれたんです。有難いですよね」

――12年、大学卒業と同時に“プロ選手”を夢見て海を渡りました。

「タイへのきっかけは掴みましたが、(契約を)保証されたチームがあった訳ではないんです。いくつもテストを受けて、契約を勝ち取るまでに3か月くらい掛かりました。元々決まっていたアフリカ人選手が査証の都合で来られなくなって、その枠に入り込めたという運も重なって。シーズンが始まる3週間前、移籍市場が閉まるギリギリでした」

――タイでプロになれた。サッカー選手を続けてきて良かったと思えることってなんでしょうか?

「いろいろありますが、行く先々で仲間として認められた感覚だったり、人との繋がりを強く感じられることですかね。それはファンの方々とも。厳しいサポーターグループのボスが、私の誕生日にケーキを用意してくれて、ファン皆でバースデーソングを歌ってくれたり。でも良いことばかりではないですよ。どこへ行っても給与未払いはあったので。家族もあるので辛いですけど、人間強くなりますよね(苦笑)」

――大学時代の大怪我で自らを見失った青年が、海を渡り経験値を積んで成人になれた。挑戦が実を結んだ訳ですね。

「日本で進路を決め兼ねていた時、正直タイのイメージは良くなかったんです。行ったこともないくせに。こっちへ来た当初も不安なことしかなかったですが、街の発展具合に度肝を抜かれ、家族と住んでみれば多くの気付きや発見もあったり、日本よりも住みやすいなって。もちろん海外で生活していれば困難は度々起きますし、基本は単年契約、次のチームが決まらない気苦労なんかもあったり。でも、いろいろなリスクを背負ったからこそ、いまがあると思っています。挑戦して本当に良かったなと」

――成長曲線にある東南アジアというステージとも合っていたのかも知れませんね。

「はい。バングラデシュで生活していた時にはインフラの違いを痛烈に感じましたし、中東でトライアルを受けていた際には高級リゾートでキャンプを張る強豪クラブの底力を感じたりもしました。AFCカップではインドやモルディブへも試合で行ったんですが、すべてが良くも悪くも刺激的で。タイだって都心と地方ではまったく異なりますしね。アジアと言っても広い。もっと刺激をもらってまだまだ頑張りますよ。いつも支えてくれる家族の為にも」

彼の話しを聞いていると、“縁”と“運”を強烈に感じる人生だ。進学を決する時も海を渡る覚悟を決めた時も、また新たな活躍の場を探している時にもいつも声を掛けてくれる“縁”と巡り合う。

タイでの実績があって力量が認知されていることはあるだろうが、それだけが理由ではないだろう。自身が築いてきた信頼こそが、彼に“運”を引き寄せているに違いないと。

取材で訪れたスタジアム、試合後に小島に抱っこされた愛娘が寄ってきてくれた。そして別れ際、筆者へ向けてくれた人懐っこく可愛いワイ(手を合わせるタイ式挨拶)が、いつも感謝の念を持ち生きる父の精神と被ってみえ、何だか心が洗われポッとした。環境は関係ない、子が親の背中を見て育つのは、万国共通なのである。

■プロフィール
小島聖矢(こじま・せいや)
1989年生まれ、栃木県下都賀郡野木町出身。流経大柏高在籍時の2007年に高校二冠(全日本ユース、全国高校サッカー選手権)を達成した。流通経済大サッカー部では早くから注目されるが、怪我もあって挫折を経験。12年にタイへと渡りプロ選手となる。困難を抱えたチームから都度声を掛けられては貢献してみせ、ファンの心を掴んでいく。今季はBGパトゥム・ユナイテッド(タイ2部)に所属し、1部復帰へ向け首位を独走するチームで奮闘中。派手さはないが痒いところへ手が届くバランサー系仕事人。

取材・文・写真:佐々木裕介

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
自ら定めた「JFLで優勝、J3昇格」...38歳の元日本代表DFがFC今治で戦う理由
【山口】守りに徹しない“現実策”。人材流出は痛手も霜田監督が見せた新たな引き出し
「11人のカンナバーロがいた!」「奇跡のクリア」敵地で鹿島を振り切った広州恒大を中国紙が大絶賛!
熊本、福岡大2選手の来季加入内定を発表
『歌ネタ王決定戦』7代目王者はラニーノーズ 3年前の雪辱を果たす
  • このエントリーをはてなブックマークに追加