Apple Watchの「トランシーバー」に盗聴リスク。機能一時停止中らしいよ

Apple Watchの「トランシーバー」に盗聴リスク。機能一時停止中らしいよ

  • ギズモード・ジャパン
  • 更新日:2019/07/12
No image

Image:Apple

応答せよ、応答せよ、ん…?

あまり活躍していない機能かもしれないけど。いや、だからこそかもしれないけど、今になってけっこう深刻な脆弱性が見つかったようです。

TechCrunchによりますと、Apple Watchの「トランシーバー」機能で、同意なしに他のユーザーのiPhoneの音声を聞くことができる可能性がある。として、Apple(アップル)は、機能の提供を一時停止したと報じています。つまりは盗聴の恐れもあったということかな。

ただ、Appleのコメントでは、この脆弱勢が実際に悪用されたという現在の証拠はないとのことなので、必要以上にビクビクしなくても良さそうですね。なお、トランシーバーアプリは引き続きWatchにインストールされたままだけど、修正で更新されるまで機能しないとのことです。

本当に使えないのか?

ってのは、トランシーバーする友達が居ないトラぼっちなので、検証できませんでした。ごめん。たぶん今、応答できません。

Source:TechCrunch

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Appleカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
iOS12.4とiOS12.3.1でiPhoneの動作速度を比較
2019年の「iPhone 11」は3モデル展開、3D Touch廃止でTaptic Engineが「Leap Haptics」に進化
16インチMacBook Proは今年10月にリリースか
「iPhone11」は3モデル中2モデルがトリプルカメラ搭載、USB-Cは非搭載か
2020年発売のiPhoneは120Hzリフレッシュレートを採用か
  • このエントリーをはてなブックマークに追加