「ボールペンのペン先問題」が示す、中国の製造技術の立ち位置―米華字メディア

「ボールペンのペン先問題」が示す、中国の製造技術の立ち位置―米華字メディア

  • レコードチャイナ
  • 更新日:2018/01/22
No image

「ボールペンのペン先問題」が示す、中国の製造技術の立ち位置―米華字メディア

19日、米華字メディアの多維新聞が、中国製造業の問題点について分析する記事を掲載した。

2018年1月19日、米華字メディアの多維新聞が、中国製造業の問題点について分析する記事を掲載した。

記事は、中国には3000以上のボールペン製造企業があって、20万人以上が働いており、世界市場の80%を占めるボールペン製造大国だと紹介。しかし、2016年1月4日、李克強首相が「ボールペンのボールすら輸入に頼っている」と発言し、中国製造業の問題点を指摘した。

そのうえで、ボールペンのボールは「小さいが高い技術が求められ、冶金や精密加工技術などの高い技術力」が必要だと指摘。わずかな誤差が滑らかさや寿命に影響し、書く時の角度や圧力も考慮して、ボールやペン先、インク入れなどを完璧に組み合わせなければならず、加工誤差は0.003ミリを超えてはならないとした。

そのため、中国では長期にわたってボールを日本やドイツ、スイスなどからの輸入に頼ってきたが、2011年から研究開発をはじめ、度重なる試験と失敗を経て、5年後にようやく中国製のボール製造に成功した。

中国は2015年5月に、製造強国戦略の最初の10年計画である「中国製造2025」を発表。2025年までに「製造大国」から「製造強国」へと変化し、2035年までには日本やドイツを超える目標を設定した。建国100周年となる2049年には「超工業大国」となることを掲げている。

しかし記事は、「この計画は壮大ではあるものの、現段階での中国製造業は「世界の第3グループ」であり、短期的には現状を変えることは難しい」と指摘。「技術及び産業の改革、それに製造業のグローバル競争に面して、中国にとっては大きな挑戦である」と論じた。

そのうえで、中国は長年にわたって西洋から「技術封鎖」されてきたため、発展が阻害されてきたと主張。しかし、この技術封鎖ゆえに中国が独自の「世界で最も優れた工業システムと技術イノベーションの新システムを構築することができた」とし、ボールペンのボールはその一例だとした。

記事は最後に、「とはいえ、中国はまだ多くの分野で遅れていることは認めざるを得ず、中国製造のレベルを向上させるには、もっと多くの『ボールペンのペン先』問題を解決していく必要がある」と結んだ。(翻訳・編集/山中)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「私たちはまだ解放されていない」日本に謝罪を求める元慰安婦に、韓国ネットは否定的反応「もう終わりにして」「最近は日本の方が信じられる」
高速鉄道づくりでなかなか日本からお金を貸してもらえないインド 中国メディア「わが国のマネをするには早すぎる」
五輪の陰で就職氷河期...コンビニ代も失われた若者
「ありがとう日本!」=台湾のコメンテーターが写真投稿、そこに写っていたのは...―台湾メディア
日本料理の高いブランド力、生き残りをかけて中華から和食に鞍替えする中国人も=中国メディア

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加