世界で最も発見困難な鳥か、豪南部で羽根見つかる

世界で最も発見困難な鳥か、豪南部で羽根見つかる

  • AFPBB News
  • 更新日:2017/09/15
No image

豪南部サウスオーストラリア州で発見された、世界で最も発見困難な鳥の一種であるヒメフクロウインコのものとされる羽根。オーストラリア野生動物保護委員会公開(撮影日不明、2017年9月14日公開)。

【AFP=時事】(写真追加)オーストラリア南部のサウスオーストラリア州で、世界で最も発見困難な鳥の一種であるヒメフクロウインコのものとされる羽根が見つかり、専門家らは14日、同州にこの珍しい鳥が生存していることを示す100年以上ぶりの証拠の発見だと明らかにした。

「ナイトパロット(夜のオウムの意)」とも呼ばれる夜行性のヒメフクロウインコは世界で最も希少な鳥類の一種とされ、2013年に北東部クイーンズランド州で自然研究家のジョン・ヤング氏が撮影した写真が証拠として公開されるまで、絶滅したものと考えられていた。

その後、ヒメフクロウインコは西部ウエスタンオーストラリア州でも目撃されている。

サウスオーストラリア州で今回、羽根を発見したのはヤング氏とオーストラリア野生動物保護委員会の生態学者、キース・ベルチェンバース氏の2人。

ヤング氏とベルチェンバース氏は、エア湖の周りでカメラが捉えたある画像を頼りに、多くのキンカチョウの巣を見て回っていた際に、そのうちの一つの巣の中で羽根を発見したという。ヤング氏は、羽根が新しかったことから、「過去数週間以内にキンカチョウの巣から数百メートル以内の範囲」で集められたとみていると語った。

両氏が見つけた羽根について西オーストラリア博物館は、小型で黄色味がかった緑色の羽を持つヒメフクロウインコのものと確認したという。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ロシア軍が誤ってロケット弾を民間人に向け発射したとされる衝撃的なムービーがYouTubeで公開される
7歳女児をレイプ殺人、犯人の男を公開で絞首刑に イラン
「北を完全破壊」トランプ演説を読み解く!徹底解剖
“東芝半導体”は「日米韓」連合に、売却額は2兆円
【報ステ】核兵器禁止条約 各国の署名始まる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加