クロップ断言 売却理由ない

クロップ断言 売却理由ない

  • スポルト
  • 更新日:2017/08/11
No image

コウチーニョ移籍を拒絶する監督クロップ

リバプールの指揮官ユルゲン・クロップは、FCバルセロナにコウチーニョを譲り渡す意思は微塵もないことを明らかにした。
「オファーがあったからと言って、我々が選手の放出を検討する必要はない。選手にいくらオファーするか、という問題ではない。我々には売却する必要がない。我々のプライオリティは所有する選手をキープし、より良くしていくことだ」とクロップは『Skype』チャンネルのインタビューで語った。

【関連記事:コウチーニョ バルサ移籍要求】

コウチーニョが移籍することになった場合は?との質問に対し、監督は「どのような事後対策を取るか検討しなければ。いつ移籍するかにかかってくるが、今のところ移籍は実現していない」とコメントした。
リバプール側は選手の価格高騰を利用してコウチーニョ売却を検討しているが、監督は断固として放出を拒んでいるようだ。

バルサは現在リバプールとの交渉を急いでいるが、今のところ具体的な移籍金額は出ていない。現在もコウチーニョは背中の痛みで欠場している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
浦和ファンとシャペコエンセの美しい“交流”。ブラジル国内の反応は?
[UAチャレンジカップ]浦和東が慶應義塾志木を返り討ち、県勢対決制しV王手(20枚)
長友が移籍報道について言及「どんな場所でも自分にできる精一杯の努力を積み重ねるだけ」
久米宏「五輪開催反対声明」に猛抗議した組織委を「バカ!」の激烈ケンカ応酬
レアル至宝 苦情の決断迫る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加