最新ランキングをチェックしよう
クロップ断言 売却理由ない

クロップ断言 売却理由ない

  • スポルト
  • 更新日:2017/08/11

コウチーニョ移籍を拒絶する監督クロップ

リバプールの指揮官ユルゲン・クロップは、FCバルセロナにコウチーニョを譲り渡す意思は微塵もないことを明らかにした。
「オファーがあったからと言って、我々が選手の放出を検討する必要はない。選手にいくらオファーするか、という問題ではない。我々には売却する必要がない。我々のプライオリティは所有する選手をキープし、より良くしていくことだ」とクロップは『Skype』

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【検証】イタリアはなぜ世界王者から予選敗退まで凋落した? 後編:連盟と育成の機能不全
インテルのエース 風格見せる
こんな異様な光景見たことない!? リヨンの“白きデモ”に賛辞「美しい」「歴史を作れ」
伊サッカー連盟会長、辞任を表明。責任問われ「全てのイタリア人に謝罪する」
スペイン紙、W杯の“死の組”を予想。ポット4からは日本代表が選出
  • このエントリーをはてなブックマークに追加