沙羅「再現力」で6戦5勝 トレーナー大絶賛“理想の動き何度でも”

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/01/10

◇W杯ジャンプ女子第6戦(2017年1月8日 ドイツ・オーベルストドルフ=HS137メートル、K点120メートル)

No image

高梨沙羅

2年連続の総合女王を狙う高梨沙羅(20=クラレ)が124メートル、129メートルの合計263・0点で優勝。3連勝で今季5勝目、通算49勝目を挙げた。1回目トップの高梨は2回目に最長不倒をマーク、2位エマ・クリネツ(スロベニア)に28・9点差で圧勝した。男子のグレゴア・シュリーレンツァウアー(オーストリア)が持つ歴代最多の通算53勝にあと4と迫り、札幌と山形市蔵王での国内開催4連戦に臨む。

雪が降りしきり、風向きはくるくる変わる。新雪が覆う着地点は滑りやすく、選手の心を揺さぶった。だが、ライバルが苦しんだ悪条件も高梨には無関係だった。「難しい条件だったが、まずまずのジャンプを2本そろえられた。自分のジャンプに集中して飛ぶことができた」と、不利な追い風の中、ただ1人K点(120メートル)越えの飛躍をそろえた。

横風を受けたという1回目は着地でテレマーク姿勢を完璧に入れられなかったが、最長不倒の2回目は飛型点もまずまず。2位クリネツも「サラを倒すのは大変。尊敬している」と脱帽するしかなかった。

トレーナーとして高梨を指導する牧野講平氏は別次元のジャンプの要因に「再現力」を挙げる。理想の動きを体に染み込ませ、寸分の狂いなく何度でも再現できる能力は、これまで担当したフィギュアスケートの浅田真央(中京大)や、大リーグ、ドジャースの前田健太をしのぐという。筋力は高くなく、球技をやらせても腕前は人並み。だから高梨を「ジャンプの申し子」と呼ぶ。

ジャンプのW杯通算最多勝まであと4勝。14、15日は札幌、20、21日は蔵王とW杯4連戦が控えるが、昨年は4連勝しており、国内開催での記録到達を射程内に捉えた。「日本での4連戦につながるジャンプができた。たくさん応援してくれる人がいる方が楽しく飛べる。(喜びを)周りと共有できる」。日本ではこの日が成人式。20歳の女王はその瞬間へ、心躍らせている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“ネクスト真央”は誰だ? 女子フィギュア界の有望選手を総チェック!
平昌五輪の主役は宮原知子だ! 驚異の18歳が秘めた「底知れぬ可能性」
織田信成氏、苦境の真央にエール「もっとうまくなる」
冬季アジア大会、あと1カ月=26年札幌五輪目指して
CAの次は白衣の本田真凜 コスプレ第2弾「新鮮」

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

おすすめの特集

おもしろい・役立つ記事をピックアップ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加