サンチェスの同僚がチリのW杯出場を阻んだ? 1つの判断ミスが命取りに

サンチェスの同僚がチリのW杯出場を阻んだ? 1つの判断ミスが命取りに

  • サッカーキング
  • 更新日:2017/10/11
No image

チリ代表はブラジル代表に敗れ、サンチェスのW杯出場は叶わなかった [写真]=Getty Images

10日に行われた2018 FIFAワールドカップ ロシア 南米予選第18節(最終節)でチリ代表はブラジル代表に0-3で敗北。3大会ぶりにW杯出場を逃すこととなった。そんな中、同代表のエースでアーセナル所属のFWアレクシス・サンチェスの同僚がチリ代表の運命を変えた可能性があるようだ。同日付のイギリス紙『メトロ』が伝えている。

その人物とは、アーセナル所属のコロンビア代表GKダビド・オスピナである。オスピナはコロンビア代表のメンバーとしてペルー代表との試合にスタメンで出場。問題のシーンは同試合の76分に起きた。コロンビアのDFフランク・ファブラの足が高く上がってしまい、主審はファールを宣告。一般に“ハイキック”と呼ばれるこの反則では、相手チームに間接フリーキックが与えられる決まりとなっている。ところが、不可解なことにペルー代表FWのパオロ・ゲレーロはこの間接FKをそのままゴールめがけてシュート。だが更に不可解なことに、コロンビア代表のゴールを守るオスピナはこのシュートに反応。結果として、オスピナの手に当たってボールはゴールに入ったため、ペルーの得点が認められることとなった。

最終的にこのまま試合は動かず、1-1の引き分けで終了。勝ち点1を分け合ったコロンビア代表とペルー代表がそれぞれ4位と5位に浮上し、チリ代表は6位に転落。仮にゲレーロのゴールが認められずコロンビア代表が勝利していた場合は、ペルー代表が6位となり、チリ代表が5位で大陸間プレーオフ出場権を獲得していたのだ。皮肉なことに、サンチェスのチームメイトであるオスピナの判断ミスが一因でチリ代表はW杯の出場権を逃すこととなってしまった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
エースの不調、ヘディングゴール0。例年に見ない今季のマドリー
バルサ 誤審でデウロフェウG
セビージャMF、監督解任ツイートにいいね。本人はハッキング被害に遭ったと否定
新ポジション挑戦の乾、レアルに完敗も「ほんま参考になる」
サッカー史に残る「爆笑PK」がタイで炸裂 / クロスバーに弾かれたボールがスピンして...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加