日体大が37年ぶりV王手!プロ注目右腕・松本4安打完封「強気で攻めた」

日体大が37年ぶりV王手!プロ注目右腕・松本4安打完封「強気で攻めた」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/11/14
No image

7回、東洋大・納を三振に仕留めて雄たけびをあげる日体大・松本

「明治神宮野球大会・大学の部・準決勝、日体大4-0東洋大」(14日、神宮球場)

日体大が、優勝した80年以来の決勝進出を果たした。

来秋ドラフト候補の最速150キロ右腕・松本航投手(3年・明石商)が4安打完封。キレのよい直球に、スライダーやツーシームをコースに集め、9三振を奪った。

自身の好投で37年ぶりの2度目優勝に王手をかけ「気持ちで負けていたらダメ。強気で攻めた」と会心の笑顔。「明日もいい野球をしたい」と気合を入れ直した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

高校野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
出場校チーム紹介:遠野(岩手)
熊本の公立校に伝わる「PLの遺伝子」。62歳の新監督が描く壮大な夢
  • このエントリーをはてなブックマークに追加