最新ランキングをチェックしよう
山﨑武司が打撃理論でみる「夏の甲子園、ドラフト候補7人」の将来性

山﨑武司が打撃理論でみる「夏の甲子園、ドラフト候補7人」の将来性

  • Sportiva
  • 更新日:2017/09/15

プロ通算403本塁打を放ったスラッガー・山﨑武司氏(元中日ほか)が、夏の甲子園を沸かせた強打者を徹底アナライズ。まずは第1弾としてドラフト候補に挙がる3年生7人について、優れた点や今後の改善ポイントについて解説してもらった。夏の甲子園で史上最多となる6本塁打を放った広陵・中村奨成中村奨成(広陵高/右投右打/捕手)そんなに力があるバッターには見えないんだけど、体重移動がめちゃくちゃうまい。プロでいえ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
どん底味わった2人の男、最下位ロッテに加入 新風吹かせるか
ソフトバンク松田の“人生の岐路”は?
九州学院(熊本)編「ヤクルトドラ1村上輩出!開校100年を越える伝統校のつながり!」
【野球】阪神・石崎が“剛球”で未来切り開く 155キロ、ストレートの秘密
移籍先が決まった戦力外・自由契約組
  • このエントリーをはてなブックマークに追加