オリックス隠し玉は「今宮2世」大分商・広沢を検討

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/10/13

隠し玉は「今宮2世」!? オリックスが26日ドラフト会議で、大分商・広沢伸哉内野手(3年)をリストアップしていることが12日、分かった。

今夏の大分県大会は1番遊撃として決勝進出。オリックス関係者は「最終80人のリストに入っている」と明かし、下位候補ながら指名を検討している。特に守備面の評価が高く、成長すれば明豊(大分)出身のソフトバンク今宮のような存在にと期待しているようだ。

高校生の下位候補では真颯館(福岡)の高木渉外野手(3年)もリストアップしている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
DeNA・筒香、抜かりなし!大一番に悲壮決意「思いを背負って戦いたい」
西武・牧田、メジャー移籍希望 ポスティング使う「可能性も出てくる」
金本監督「絶対勝ち上がる」 泥試合から一夜、救援陣に恵みの雨
巨人が村田のクビを決断! 今オフのFA選手が「巨人NG」を選択
暴走続きの張本勲と関口宏を一喝した金田正一に「よくぞ言った」と称賛の声
  • このエントリーをはてなブックマークに追加